初心者でもわかる投資信託ガイド!仕組みやリスク、メリットやデメリットを解説します!

投資信託はどんな金融商品なのかお調べ中ですね?

投資信託とは、運用のプロが代わりに資産運用してくれる金融商品。

国内だけでも、6,000種類以上も運用されており、それぞれ運用方針が異なります。

結論を先に申し上げますと、投資信託は少額からコツコツ時間をかけて資産形成したい方にオススメの金融商品です。

お金を預けるだけで、運用のプロにお任せでき、最低でも100円から運用ができるからです。

しかし、いざ運用しようとすると、

  • 投資信託の中身がよく分からない…
  • 本当に自分は投資信託で資産運用した方が良いの?
  • 自分に合った投資信託の選び方は?

以上のように、投資信託は難しいと感じている方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、投資信託はどのような金融商品なのか、初心者でも理解できるように図解を交えて解説しつつ、メリットとデメリットを紹介していきます。

最後には、投資信託の各銘柄を知る上で重要な「交付目論見書」の見方やオススメの投資信託も解説しています。

投資信託がご自身の資産運用で適しているか判断でき、実際に資産運用を始められるようになっています。

ぜひご一読ください。

1.【コレだけでOK】投資信託を理解できる基礎知識

投資信託とは、簡単に言えば、プロにお金を預け、代わりに運用してもらう金融商品です。

具体的には、以下の3つの関係者が投資信託を運用します。

  • 証券会社:投資信託の販売
  • 運用会社:投資信託の運用
  • 信託銀行:投資家のお金(ファンド)の保管

運用会社が投資信託で扱う株式や債券を決めていますが、実際の売買はお金を保管している信託銀行が担います。

特に、投資家のお金を預かっている信託銀行は、銀行の資産と分割管理するよう法律で決まっています。

そうすることで仮に信託銀行が倒産しても、投資家のお金は守られる仕組みになっているのです

以上の投資信託の概要を踏まえた上で、以下のポイントを押さえると、投資信託の全体像を理解できます。

  • 投資信託の種類
  • 投資信託で発生するリスク
  • 投資信託でもらえる分配金
  • 投資信託でかかる手数料

それぞれ大切なポイントですので、一つずつしっかりとチェックしておきましょう。

投資信託の「種類」

まず投資信託には、どのような種類があるか解説します。

それぞれの特徴を理解できれば、自分はどの銘柄で運用したらいいのか決める参考になります。

初心者は、まず以下の2つを押さえると大丈夫でしょう。

  • 運用目的
  • 金融商品の組み入れ方

では、それぞれ解説していきますね。

各銘柄の運用目的

投資信託は、銘柄によってどのようにパフォーマンス(利益)を出すか目的をあらかじめ定めて運用されます。

運用目的の種類は大きく分けて3つ。

運用目的の種類
  • インデックスファンド:TOPIXやS&P500といった、経済指標との連動を目指す
  • アクティブファンド:経済指標よりも上回るパフォーマンスを目指す
    ※特定の経済指標をベンチマークにしていないものもあります。
  • ブル・ベア型:特定のインデックスファンドやアクティブファンドにレバレッジをかけて、短期間で大きな利益を狙う

それぞれ目的が異なるので、投資信託の価格(基準価格)の変動も違います。

金融商品の組み入れ方

運用目的に基づいて、実際に取り扱う金融商品が決まっていきます。

金融商品の組み入れ方
  • テーマ型:AI、不動産、日経平均など、特定のトレンドの企業にまとめて投資する銘柄
  • バランス型:複数の金融商品へ投資する銘柄
  • ファンズオブファンズ:他の投資信託を一つにまとめて投資する銘柄

それぞれの特徴は、以下の表にまとめられます。

  テーマ型 バランス型 ファンズオブファンズ
特徴 一つの金融商品で運用 複数の金融商品で運用 複数の投資信託を一つにまとめて運用
メリット ・ポートフォリオ(保有資産の構成)が組みやすい ・銘柄の中身が比較的把握しやすい ・一つ保有しているだけで世界中の金融資産に分散投資できる ・ポートフォリオを組む負担が減る
デメリット ・自分でポートフォリオのリバランス(調整)をする必要がある ・ポートフォリオのリバランスができない ・銘柄の中身が把握しにくい ・手数料が比較的高い ・銘柄の中身が把握しにくい

したがって投資信託の種類は、運用目的に基づいて取り扱う商品が変わってくるということなのです

投資信託で発生する「リスク」

投資信託は金融商品なので、当然リスクが付きまといます

具体的には、以下の3つのリスクがあります。

投資信託のリスク
  • 元本割れリスク:基準価格が購入時の価格よりも下落してしまうリスク
  • 投資信託の運用停止リスク:投資信託が運用停止し、これ以上運用できなくなるリスク
  • 為替変動リスク:外貨で投資する銘柄の場合、為替レートによって損失が出てしまうリスク

銘柄によって、リスクがどれくらいあるか異なります。

実際に運用する際は、リスクがどれくらいあるか、しっかりチェックする必要があります

投資信託でもらえる「分配金」とは?

分配金とは、運用によって得た利益を定期的に投資者に還元するものです。

この分配金について知っておきたいのが、普通分配金と特別分配金という2種類があること

普通分配金は運用によって得た利益に当たるのですが、特別分配金は元本の一部に当たります。

正確に言えば、分配金は運用利益と投資した元本の一部で構成されているのです

銘柄によっては、分配金を得ると元本も減ってしまうので、将来得られる利益が減ってしまう可能性があります。

しかし投資信託の中には、分配金を還元しつつも、それを再投資する方法を採用しているものもあります。

利益をそのまま得る場合と再投資する場合では、以下のように将来の資産に大きな違いが生まれます

なので、投資信託の分配金をどのように扱うかも、しっかりチェックする必要があります。

分配金に発生する税金

投資で得た利益は、利益に対して一律20.135%の税金がかかります。

分配金も運用で得た利益なので、もちろん課税されます

例えば、投資信託を1万円購入し、1年後1,000円の分配金を得たとしましょう。

分配金は1,000円ですが、実際に得られる利益は799円です。

また分配金を再投資する場合も、一度利益を手にしているので、税引きされた分配金を再投資します。

先ほどの例の場合だと、1,000円をそのまま再投資する訳ではなく、799円を再投資するのです。

このように、分配金にかかる税金を理解しないと「思ったより資産が増えていない」と焦ってしまうかもしれません

ちなみに、特別分配金は元本の一部なので、運用で得た利益ではないので課税されません。

投資信託でかかる「手数料」

最後に解説するのは、投資信託の手数料です。

主に3つの手数料がかかります。

投資信託の手数料
  • 販売手数料
  • 信託財産留保額
  • 信託報酬

販売手数料は、文字通り投資信託を購入する際に発生する手数料です。

最近ではノーロード(無料)の銘柄が多いので、そこまで気にする必要はないでしょう。

信託財産留保額は、投資信託を解約(売却)する際の手数料です。

銘柄によっては無料の場合もありますが、およそ0.3%程度発生します。

一番チェックしたいのは信託報酬。

信託報酬は、運用会社に支払う手数料です。運用のプロにお任せしているので、運用してくれた“報酬”として渡します。

インデックスファンドは1%未満がほとんどですが、アクティブファンドやブル・ベア型は最低でも1%代、場合にとっては5%の銘柄もあります。

この信託報酬が高いほど、実際に得られる利益も減るので、将来の資産にも大きく影響します

2. 投資信託で資産運用するメリット

ここまで投資信託の基本的な知識を解説しました。

これまでの知識を踏まえると、投資信託で資産運用するメリットが見えてきます。

投資信託で資産運用するメリットは以下の3つです。

投資信託のメリット
  • 少額から投資できる
  • 分散投資でリスクを抑えられる
  • 運用のプロに任せられる

どういうことか、それぞれ詳しく解説していきますね。

メリット①:少額から投資できる

投資信託の1番のメリットは、少額から購入できることです

証券会社によっては最低100円から購入可能なので、資産運用に回せるお金が少なくても始められます

「投資は大金を用意しないといけない」というイメージがあるかもしれないですが、投資信託ならその必要はありません。

少ない元手でも、コツコツ時間をかけた資産形成が可能です

メリット②:分散投資でリスクを抑えられる

投資では、必ず短期的な値段の上下があります。

これを可能な限り抑える方法の一つが、分散投資すること

例えば、株式以外にも債券や不動産といったいろんな金融商品に投資すると、一つの価格が下落しても、全体の資産に及ぼす影響が小さくできます。

また、株式一つ取っても日本に限らず、アメリカや中国といったいろいろな国の株式に投資することで、よりリスクを抑えられます。

投資信託は、一つの銘柄を購入するだけで複数の金融商品に投資しますから、自動的に分散投資できるようになるのです

メリット③:運用のプロに任せられる

本来、自分で投資する場合、どの金融商品にどれくらい投資するのか考えなければなりません。

運用を始めたとしても、市場の変化によって保有している資産の調整(リバランス)が必要なので、投資についてある程度の知識が求められます

初心者の方にとって、リバランスはとても難しいことだと思います。

しかし投資信託なら、このような投資に必要な作業や知識を考える必要はありません

プロの方にお任せすることで、自分が求めるリターンを狙うことができます。

3. 投資信託のデメリット

メリットがある一方、デメリットも存在します。

以下のデメリットをあらかじめ押さえておけば、資産運用を始める際に迷うことが少なくなります。

ポイント投資信託のデメリット
  • 保持している限り永遠に手数料が発生する
  • 銘柄の中身を知るのが大変
  • 実際に誰が運用しているのか分からない

では、一つずつ見ていきましょう。

デメリット①:保持している限り永遠に手数料が発生する

株式や債券といった金融商品は、売買の時だけ手数料がかかります。

しかし投資信託は、運用をお任せするので、信託報酬という手数料を毎日支払います

つまり、投資信託を保有している限り、永遠に手数料がかかってしまうということ

一見、微々たる手数料だと感じられますが、塵も積もれば山となる、長い目で見ると大きな違いが出ます。

と言うのも、信託報酬の分も投資できれば、複利効果が生きて、より大きな資産を築けるかもしれないからです。

信託報酬が高くても高パフォーマンスの場合がありますので、低い方が良いという風には一概には言えませんが、基本的には信託報酬が低い方が投資としては有利になるでしょう

デメリット②:銘柄の中身を知るのが大変

投資信託は複数の金融商品で構成されているので、実際どのような金融商品で運用しているのか、正確には分かりません

投資信託の情報は「目論見書」という資料で確認できますが、構成銘柄は公開されているとしても一部のみ。

どんな銘柄で運用するのか気になったとしても、全部分かることは不可能となっています。

つまり、自分が求めるリターンを本当に得られるかどうか、判断しづらいのです

したがって、投資信託を実際に運用する際は

  • 運用開始してからの値動き
  • 運用している総額

といった、実績を見る必要があります。

デメリット③:実際に誰が運用しているのか分かりにくい

投資信託は運用のプロにお任せできることがメリットである一方、実際だれが運用してくれているのか分からないことがほとんどです

経済指数よりも高いパフォーマンスを狙うアクティブファンドは、運用責任者の腕前にかかっているので、誰が運用しているのかは、特に重要な情報です

しかし、多くの投資信託は運用責任者が誰なのかを明確に公開していません。

プロとはいえ、誰なのか分からない人に自分の大切なお金を運用しているのは、ちょっと心配ですよね。

なので投資信託を選ぶ際は、運用している人が分かるかどうかが重要な要素となるのです

4.投資信託で資産運用をおすすめできる人

投資信託の概要から、メリットとデメリットを解説しました。

これらを踏まえると、投資信託は少額からコツコツと資産運用をしたい方におすすめできることが分かります

投資や資産運用は、基本的にある程度の知識が必要です。

知識を十分に付けられてない初心者からすると、自分で金融商品を選ぶのは大変だと思います。

投資信託なら、プロが銘柄を構成してくれるので、購入するだけでプロが組んだポートフォリオで運用可能

購入額も最低100円からなので、十分な元手が無くても始められます

毎月〇〇円からコツコツ積み立てて行けば、将来的には大きな資産を築くことができるかもしれません。

しかし、保有している限り信託報酬が発生し続けるので、場合によっては思ったより利益が出ない可能性があります

ある程度時間が経って知識を身についてきたら、個別株や債券で直接ポートフォリオを組む方が、手数料を押さえながらより大きな利益を狙えるかもしれません

5. 投資信託の選び方

投資信託のメリット、デメリット、おすすめの人を紹介したところで、具体的な投資信託の選び方を解説していきます。

投資信託を選ぶには「交付目論見書」という投資信託の情報がまとめられた資料が有効です

交付目論見書には、投資信託の詳細情報が掲載されており、以下のような構成でまとめられています。

  • 商品分類/属性区分
  • ファンドの目的/特色
  • 投資リスク
  • 運用実績
  • 手数料

全て読み込まなくても、それぞれの概要をチェックするだけでも十分です。

具体例として、実際に私も運用しているレオス・キャピタルワークスの「ひふみ」の交付目論見書を見ながら解説していきますね。

チェック事項①:商品分類/属性区分

交付目論見書の2ページ目に掲載されています。

投資信託の銘柄の概要をまとめた箇所なので、これだけでもざっくりと特徴を掴めます。

それぞれの項目は、以下の意味があります。

  • 単位型/追加型:単位型は最初に募集した資産だけで運用、追加型はいつでも注文が可能
  • 投資対象地域:どこの地域に投資しているか(「内」は国内、「外」は国外)
  • 投資対象資産:投資している金融商品を記載
  • 決算頻度:1年で分配金がもらえる頻度
  • 投資形態:資産管理の仕方
  • 為替ヘッジ:日本円のまま投資しているか外貨に変えて投資しているか

まずは、この商品分類/属性区分を押さえると、どんな銘柄なのかざっくり知ることができますよ。

チェック事項②:ファンドの目的/特色

3ページ目からは、投資信託がどのように運用するのか、具体的な情報がまとめられています。

詳細を確認しなくても、特色の見出しを確認するだけでファンドの特徴が掴めますよ。

チェック事項③:投資リスク

ファンドの目的/特色の次は、ファンドを運用するに当たって想定されるリスクが載っています。

基本的に、どの投資信託も同じリスクを抱えていますが、銘柄によって大きく影響を受けるリスクは異なります

チェック事項④:運用実績

運用開始からの基準価格が、どのように変動しているかグラフで掲載されています。

今までの分配金の実績も同時に確認できます。

特にアクティブファンドを検討している方は、とても重要な情報ですので必ずチェックしましょう。

運用レポートも合わせてチェックしてみよう

交付目論見書に掲載されている運用実績では、なぜこのような実績になっているのか詳細に掴みにくいです。

なので、もっと詳しい情報が知りたい方は、運用レポートもチェックしましょう

基準価格の変動に対して、なぜこのような結果になったのか運用責任者からの解説や、最新の銘柄構成といった、詳細な情報がまとめられています。

銘柄の最新情報を手に入れるだけでなく、運用のプロが世の中をどのように見ているかも知ることができるので、いい勉強にもなりますよ

チェック事項⑤:手数料

最後は投資信託の運用で発生する手数料が確認できます。

手数料の価格だけでなく、その内約も解説してくれているので、ご自身が払ったお金が誰にいくら渡るのか分かります。

 

以上が交付目論見書の解説です。

最初は難しい言葉が書かれていて読みにくいと感じるかもしれませんが、慣れればささっとチェックできるようになります。

私も、最初は読むのに数十分かかりましたが、今はどこを見たらいいか分かるようになり、5分で見通せるようになりました。

6. 投資信託のおすすめ証券会社

運用したい投資信託は見つけられたら、さっそく証券会社で購入しましょう。

しかし、どの証券会社で買えばいいか分かりにくいですよね。

そこで、投資信託におすすめな証券会社の選び方を下記の記事にまとめてみました

運用したい銘柄によって、おすすめできるものが変わりますので、ぜひご参考ください。

<リンク>

まとめ

初心者向けに投資信託について解説しました。

投資信託は、プロに運用をお任せできる金融商品。

自分で保有銘柄を決めなくても、最低100円から購入するだけで分散投資ができます

しかし、保有し続ける限り信託報酬という手数料がかかり続けたり、実際の構成銘柄や運用責任者が誰なのか、正確に把握できない一面も。

このようなことから、投資信託は少額からコツコツと資産運用をしたい方におすすめの金融商品と言えます

また、投資や資産運用はいかに手数料を抑えるかが重要です。

なので、まずは投資信託から始めつつも、知識を付けていき、慣れてきたら株式や債券を直接購入してみるのも良いでしょう

投資信託で、ぜひ投資家への一歩を踏み出してみてください。

その際、この記事が参考になれば幸いです。

Copyright© マネとも! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.