キャンペーンを使ってSBI証券を5分で1番お得に口座開設する方法!画像で解説!9月更新

これからSBI証券の口座開設を行おうと思っているところですね?

まずSBI証券の口座開設はとっても簡単で最短5分ほどで完了します。

しかし、中には専門的な項目があって「え?これって何を選択すればいいの?」と不安に思うことも。。。

この記事では、そのような不安が起きないように、丁寧にSBI証券の口座開設について解説して行きますので、ぜひ参考にしてくださいね。

また、お得に申し込むためには、キャンペーンをうまく使うことが大切です。

なので、今活用すべきキャンペーンについての情報も網羅しています。

1. 2019年9月のキャンペーンまとめ

現在、SBI証券で行われているキャンペーンは次の通りです。

キャンペーン一覧

  • 口座開設だけで100Tポイントプレゼント(常時開催)
  • 総額2,620万円相当!Tポイント投資導入キャンペーン
  • 海外ETFを買ってノベルティを当てよう
  • 買付手数料実質無料「テーマキラー!」キャンペーン
  • 秋のCFDキャッシュバックキャンペーン
  • 個人向け国債キャンペーン
  • 米ドル/円&マイナー6通貨ペア スプレッド縮小キャンペーン!
  • 米国株式・米国ETFの買付で米国会社四季報2019年秋冬号を200名様にプレゼントキャンペーン!

ここでは、これらのキャンペーンの中から特におすすめなものをご紹介します。

おすすめキャンペーン①:口座開設だけで100Tポイントプレゼント(常時開催)

今、SBI証券に登録するだけで100Tポイントがプレゼントされます。

このTポイントは、SBI証券でしか使えない、期間限定Tポイントですが、ポイント投資がすぐにできるので、すぐに投資家デビューすることができます。

おすすめキャンペーン②:総額2,620万円相当!Tポイント投資導入キャンペーン

期間中にキャンペーンエントリーすれば、20人にTポイントがなんと100万ポイントプレゼントされます。

また、上記の加えて、20万円相当の期間限定Tポイントが100人で山分けされます。

Tポイント投資目的でSBI証券を申し込んだ方は今がチャンスです!

おすすめキャンペーン③:秋のCFDキャッシュバックキャンペーン

期間中にキャンペーンエントリーすれば、お取引1枚につき30円(上限5,000円)キャッシュバックされるキャンペーンです。

<注意点>

  • 対象銘柄はCFD(くりっく株365)全銘柄のみ
  • 建玉整理は対象外とさせていただきます。
  • キャッシュバック金額は税込ベースでの計算となります。

2. 口座開設する前に知っておくべき注意点

キャンペーンを確認したところで早速、口座開設の方法を説明したいのですが、その前に注意すべき点があります

注意点一覧

  • キャンペーン参加には、口座登録後にエントリーが必要
  • 口座開設方法が2種類ある

注意点1. キャンペーン参加には、口座登録後にエントリーが必要

ほとんどのキャンペーンでは、それぞれ締め切りまでにエントリーする必要があります

忘れないようにしましょう!

ちなみに口座開設時の100Tポイントプレゼントのみ自動で適応されます。

注意点2. 口座開設方法が2種類ある

SBI証券の口座開設には、

  • オンラインでの口座開設<EXPRESS口座開設>
  • 郵送での口座開設<かんたん口座開設>

の2種類があります。

基本的には、早いのでオンラインでの口座開設<EXPRESS口座開設>をおすすめします。

郵送での口座開設は、パソコンが苦手という人には良いかもしれませんが、手間がかかるので基本的におすすめしません。

この記事では、オンラインでの口座開設<EXPRESS口座開設>を前提に口座開設方法を解説していますので、ご了承くださいませ。

3. SBI証券を5分で口座開設しよう!

では、キャンペーンの注意点を確認したところで早速SBI証券の口座をサクッと開設していきましょう!

始め方の流れは以下の通り。

STEP1. 新規口座開設
STEP2. 郵便を受け取る
STEP3. 本人情報の登録

必要な書類さえ用意すれば最短5分程で口座開設は完了します!

注目ポイントは口座開設までは5分、その後審査があり、ログインパスワード等が書かれた封筒が郵送で送られます。

その後、本人情報を登録すれば、晴れてSBI証券で取引ができるようになります。

事前準備:下記のどれかを用意

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(顔写真のあるもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  •  各種健康保険証+住民票/印鑑登録証明書

STEP1. 新規口座開設

まずは、こちらからSBI証券を開きましょう!もうすでに開いている方はそのままで大丈夫です。

開設の手続きは以下の流れで行います。

  • 必要書類のアップロード
  • 必要事項の入力

必要書類のアップロード

マイナンバーカードと本人確認書類をスマホで撮影してアップロードします。

アップロード可能な本人確認書類は以下の通り

<下記のどれかを用意>

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(顔写真のあるもの)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  •  各種健康保険証+住民票/印鑑登録証明書

もし今すぐアップロードできない場合は、後日メール(最短4営業日)か郵送(最短7営業日)で送ることが可能です。

アップロードが完了したら、必要事項の入力です。

必要事項の入力

今回は

・納税方法
・NISA口座の開設
・住信SBIネット銀行の口座開設
・Tポイントサービス登録

以上についてのみ解説していきます。

▼納税方法

投資で得た利益は、一部納税する必要(確定申告)あります。

その手続きを証券会社にお願いするか、ご自身で行うかを選択します。

基本的に初心者の方はお任せするでよいでしょう。

確定申告は何かと大変な手続きですので、投資初心者は特定口座を開設し、確定申告をお任せするようにしましょう。

ちなみに口座変更可能ですが、一年間は変更できません。

▼NISA口座の開設

NISA口座を開設するかないかを選択します。

現時点で、NISAについての知識が不十分な場合は、開設しないを選択

というのもここで開設してしまうと、NISAの限定期間が開始してしまうからです。

NISA口座は下記のように、利用できる期間が決まっています。

  • 現行NISA→5年間
  • つみたてNISA→20年間

口座開設したはいいけど、利用しなければ宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

▼住信SBIネット銀行の口座開設

住信SBIネット銀行の口座開設するかどうか選びます。

口座を開設した場合、わざわざSBI証券口座に入金しなくても、自動で住信SBIネット銀行の口座から自動入金(スイープ)ができるようになります。

詳しくは公式サイトのコチラのページをご確認ください。

▼Tポイントサービス登録

必ずチェックを入れましょう!

チェックを入れないと肝心のTポイント投資が利用できません。

もしチェックを入れ忘れても、口座開設後に設定できますので心配はいりません。

内容に間違いがなければ「申し込む」ボタンをタップすれば口座開設の手続きは完了です!

ここまで5分程度!とても簡単ですね。

このあとに1営業日程度の審査があります。

STEP2. 郵便を受け取る

入力が完了して審査が通れば、SBI証券から口座開設完了の郵便(転送不要)が届きます。その際、本人確認書類と印鑑が必要なので、用意しておきましょう。

郵送で届いた封筒内にログインIDとパスワードを記載された紙が入っています。

STEP3. 本人情報の登録

ログインIDとパスワードが手に入ったら、さっそくログインし、職業等のご自身に関する情報を登録します。

基本的には、そのまま入力していけばいいのですが「国内株式手数料プランの選択」のみ注意が必要です。

順に解説します。

▼ご連絡先・職業情報

お勤め先の情報などを入力していきます。

▼インサイダー登録

インサイダー登録を行なっていきます。

関係ある企業などを入力します。

▼振込先口座の登録

振込先の銀行口座を登録します。

今後、出金手続きを行なったお金がこちらに振り込まれます。

▼国内株式手数料プランの選択

国内株式手数料プランの選択を行います。

こちらは基本的に「アクティブプラン」でいいと思います。

というのも、ほとんどの方は行っても1日に1.2回程度しか取引しないと思うからです。

ですが、一方で1日に何回も取引するデイトレーダーはスタンダートプランの方が良いかもしれませんね。

アクティブプランの手数料
1日の約定代金合計額手数料
~10万円無料
~20万円191円(税込206円)
~30万円286円(税込308円)
~50万円429円(税込463円)
~100万円762円(税込822円)
以降100万円増加毎に400円(税込432円)ずつ増加

1日の注文の合計額で手数料が決定。

スタンダートプランの手数料
1注文の約定代金手数料
~5万円50円(税込54円)
~10万円90円(税込97円)
~20万円105円(税込113円)
~50万円250円(税込270円)
~100万円487円(税込525円)
~150万円582円(税込628円)
~3,000万円921円(税込994円)
3,000万円超973円(税込1,050円)

1注文ごとに手数料が決定。

▼投資の方針

投資の方針を入力していきます。

このあと、簡単なアンケートと登録内容の確認をして「この内容で登録」を押せば完了です!

▼iDeCoや信用取引の資料請求

iDeCoや信用取引などの詳細情報が書かれた資料請求を行うことができます。

必要ない場合、チェックを外していきましょう!

お疲れ様でしたこれで全て完了です!

SBI証券で取引できるようになりました!

まとめ

SBI証券のキャンペーンと口座開設について解説しました。

SBI証券は手数料も安く、銘柄も多く、ポイントでも投資ができる、利便性の高い証券会社

SBI証券は長い目で投資家に寄り添うことを心構えとしています。

今後、本格的な資産形成を考えているのでしたが、開設しておいて損がない証券会社です。

この記事を参考にあなたが投資家への一歩を踏み出しのなら、とても幸いなことです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*