送金アプリpring(プリン)を使ってわかったメリットと注意点!評判や使い方も解説!

「pring(プリン)って言う送金アプリがあるって聞いたけど、何がどう便利なの?」こう思っているのでは?

pringは現金を送ったり受け取ることができるアプリ。

特筆すべき点は、現金のやり取りが全てスマホ一つで完結する点です。

送受金はもちろん銀行口座へ現金を戻せることに加えて、なんとセブン銀行ATMへの出金までが、無料(1日1回のみ無料)で出来ることが魅力。アプリ画面も非常にシンプルで、使いやすいと評判。

この記事では、pringの使い方から登録方法、どのように使うと便利なのか、解説していきます。あなたが、pringを使った方が良いのか、しっかり判断できるようになっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. pring(プリン)とは?

pringは現金の送金アプリです。

友達登録したアカウントにお金を送ったり、お金を送ってもらうことができます。

できることは、いたってシンプル。

pringの主な機能

  • お金をおくる
  • お金をもらう
  • お店ではらう

さっそく、具体的な使い方を見ていきましょう。

2. pringの使い方

pringの主な機能の下記3つについて解説していきます。

  1. お金をおくる
  2. お金をもらう
  3. お店ではらう

また、これに加えてよく使うチャット機能と出金についても解説します。

(1)お金をおくる

トップ画面の「お金をおくる」をタップし、おくりたい相手を選びます。

チャット画面へ移動しますが、そのまま金額を入力し、「お金を送る」で完了。

ココまでたったの10秒で出来るので、とても簡単ですね!

おくりたい相手の連絡先を知らなかったり、pringを使ってない場合は、

・SMS
・LINE
・QRコード

以上3つの方法でURLを送ります。

(2)お金をもらう

トップ画面の「お金をもらう」をタップし、受け取りの申請一覧の金額の部分をタップすれば、受け取り完了です。

ただし、銀行口座登録していないと、お金を受け取ることができません
新規登録の際に、口座を登録をしておきましょう。

リクエストしたい場合

受け取りのリクエストをしたい時は、「お金をもらう」からリクエストしたい相手を選択します。

チャット画面へ移動するので、画面下の「もらう」で金額を入力し、「リクエスト」で完了です。

相手の連絡先を知らない、pringを使ってない場合も「おかねを送る」と同じように

・SMS
・LINE
・QRコード

以上3つの方法でお金をもらうことができます。

(3)お店ではらう

スマホ決済アプリと同じように、QRコードで支払います。

「お店ではらう」をタップすると、QRコード読み取り画面が表示されるので、お店のスタッフから提示されたQRコードを読み取って支払います。

お店のタブレットで読み取ってもらう場合は、「支払いコード表示」から自分のQRコードを表示します。

pringで支払えるお店については、公式サイトで確認しましょう。

最後に金額が表示さるので、「確認」をタップして完了です。領収書とお札が引き出されます。

(4)チャージする

トップ画面下の「チャージする」から、スワイプでチャージしたい口座を選択し、金額を入力(500円からチャージ可能)し、後、「チャージする」で完了です。

オートチャージ

pringはオートチャージ機能を使えば、残高が足りなくても必要な金額が口座からチャージされます。

トップ画面のチャージから、オートチャージ設定にしたい口座を選び、「オートチャージに変更」をタップして完了します

(5)おかねをおろす

pringは、アプリ内の残高の出金も可能。

ここに入力・各種銀行口座
・セブン銀行ATM

以上2つの方法でお金をおろすことができます。

スマホ決済アプリ等で出金する場合、手数料が発生したりしますが、pringならなんと無料!(セブン銀行ATMは初回のみ無料、以降216円)

手数料を気にせず、スグにお金をおろすことが可能です。

トップ画面左下「お金をおろす」から、登録口座かセブン銀行ATMを選択し、金額の入力後、「現金受け取り」をタップして手続きは完了。

 

銀行口座へ出金した場合

銀行にとって出金が完了するタイミングが異なるので、銀行からの通知を確認しましょう(画像は楽天銀行の場合)。

セブン銀行ATMへ出金した場合

セブン銀行から、出金案内について通知がきます。

近くのセブンイレブンへ行き、セブン銀行ATMの最初の画面右上の、「カードを使わない番号入力での取引」を選択。

次に、3つの番号を順番に入力していきます。

・提携先コード(運営会社に配布された固定の番号:0073)
・お客様番号(pring登録時の携帯電話番号)
・確認番号(通知に記載された番号)

最後に金額が表示さるので、「確認」をタップして完了です。領収書とお札が引き出されます。

セブン銀行ATMでは、1,000円以上ならそのまま出金可能されますが、硬貨については以下の方法で出金します。

・レジで受け取り(ATMから出された領収書に記載されたバーコードを読み取ってもらいます)
・nanacoへチャージ
・セブインイレブン記念財団への募金

(6)チャットを使う

「相手にお金をおくりたくでも、何も言わずにおくるのは不安…。かといって、別のチャットアプリでやり取りするのは面倒…。」

pringでは、なんと友達登録した相手とチャットが可能。

アプリトップ画面に友達登録したアカウントの一覧が表示されているので、チャットしたい相手をタップすれば、すぐに始められます。

pringのチャットでできること

・写真
・友達のID
・お金をおくる
・お金のリクエスト

チャット以外では、以上の4つ機能が使えます。

友達を登録したい時

トップ画面の「追加」から、友達を登録できます。

以下の方法で登録を行います。

・ID検索(登録時に発行されます)
・電話番号検索
・URLを送る(ID・電話番号がわからない場合)
・QRコードを読み取る(直接登録する場合)

 自分のIDの確認方法は、トップ画面のアイコンから、右上のアイコンをタップすると、アカウント名の下に表示されます。

3. pringの使い方例!こんなケースにおすすめ!

「pringが便利そうなのはわかったけど、具体的な使い方がわかない…どんな時に使えばいいの?」

そう感じた方に向けて、具体例を並べてみました!

pringの具体的な使い方一覧

  1. 個人で口座間の現金のやり取り
  2. 友達と飲み会の割り勘
  3. 夫婦間でのお金の管理
  4. 親子で仕送り
  5. フリマやコミケでお支払い

ケース①:個人で口座間の現金のやり取り

複数の口座を管理する場合、A口座からB口座へ振り込みたいことがありませんか?しかし、違う銀行口座だと手数料が発生してしまいますよね・・・

そんな時pringを使えば、なんと無料でお金を移動させられます!

具体的には、必要な金額をpringにチャージし、同じ金額を出金するだけ。

これで手数料を気にせず、口座間でお金を分割して管理が実現します。

ケース②:友達と飲み会の割り勘

飲み会の代金を立て替えてもらった後、pringでスグに送金すれば、面倒な割り勘もスグに解決。

友達と飲み会にいって、いざ会計する時、うっかりお金を用意してなかった時ありますよね。

ATMでお金をおろしたくても、手数料を取られるのが嫌ですよね。後日相手に渡す場合でも、なかなか会えなかったり、渡す時も申し訳なさで気持ちよく返すこともできません。

しかし、pringで送金すれば、その場でスグに割り勘ができます!

履歴やチャットのやり取りで、払った払ってないのトラブルも回避。

もし、相手がpringをダウンロードしていなくても、ほんの数分で登録が完了します(実際に受け取ってもらうためには、銀行口座の登録が必要です)。

ケース③:夫婦間でのお金の管理

夫婦の収入を一括管理したい場合、夫婦間でどうしてもお金のやり取りが増えます。

特に、どちらかがお金を管理している場合、相手にお金を渡していつ何に使ったか確認するのは大変。

そんな時、pringを使って相手にお金を渡せば、管理がグッとラクになります。

チャット機能を使えば、いつ何にお金を使ったのかその場でやり取りや確認が可能。

レシートを撮影してアップロードするのも可能ですよ。

ケース④:親子で仕送り

下宿した子供への仕送りでもpringは大活躍!

銀行振込で仕送りをする場合、手数料が発生したり、振込完了までに時間がかかってしまいます。

しかしpringで仕送りをすれば、手数料はかかりません。

口座へ出金する場合は、11時までなら当日の15時に口座へ出金されます。特に、セブン銀行ATMなら、初回のみ無料でスグ出金できるので、スムーズに仕送りを届けることが可能です。

ケース⑤:フリマやコミケでお支払い

フリマやコミケでの購入の際、現金で支払うのがほとんどですよね。

お釣りがなくて銀行などにかけこんだり、支払いの計算ミスでお金が合わない可能性があります。

しかしpringで送金すれば、これらの心配がありません。

チャット機能を使えば、購入後のやり取りで相手との関係構築もできます。

4. pringのココがスゴい!おすすめする2つの理由!

pringはシンプルで使いやすいゆえに、メリットがわかりにくい面があります。

ズバリ!pringのメリットは以下の2つにまとめられます!

メリット

  • あらゆる現金のやり取りが無料で出来る!
  • なあなあにしがちな現金のやり取りがラクに確実にできる!

(1)あらゆる現金のやり取りが無料で出来る!

なんといってもpringの最大のメリットは、現金の管理がスマホで完結すること。

収入は基本的に銀行口座へ現金として振り込まれますが、実際に使うには銀行やATMへ行って手続きする必要があります。

しかし、時間が限られたり手数料が発生する等、面倒な所がいくつもあります。

その煩わしさから、pringは解放してくれます!

口座にある「現金」を、違う口座への移動や出金、人へ渡すのも、全てpringで完結します。

銀行やATMに行くことが最低限に抑えることができます。

(2)なあなあにしがちな、現金のやり取りがラクにできる!

普段、現金の話になると、どうしても後ろめたさを感じてしまいます。

特に少額のやり取りだと、なあなあにしてしまいがち。その結果トラブルの原因にもなることも。

しかし、pringなら現金そのものを使わずに、現金のやり取りが可能。

100円という少額の金額でもスムーズに行えます。

「現金」そのものを見ないで行うので、お金のやり取りする後ろめたさを感じることが少なくなります。

さらに、履歴も残るので、もらったもらってないの押し問答もなくなります。

5. pringを利用する上での注意点

pringは画期的なアプリとはいえ、デメリットもいくつかあります。

pringを使う際は、以下の点に注意しましょう。

注意点

  • 登録可能な銀行口座に限りがある
  • お店で払える店舗が少ない
  • 設定の変更がやりにくい
  • 相手にダウンロードしてもらう必要がある

注意点1. 登録可能な銀行口座に限りがある

魅力的な面がある分、連携可能な銀行口座に限りがあります。

2019年現在、連携可能な口座は以下の通り(2019年5月現在)。

主に大手の銀行のみで、地方銀行は一部が対応していません。

持っている口座がない方は、新規で口座開設するか、対応するまで待つ必要があります。

注意点2. お店で払える店舗が少ない

pringはお店での支払い機能もありますが、現状対応店舗がほとんどありません。

一部地方のお店で導入されていますが、具体的にどのお店で使えるか、詳細情報はありません。

スマホで決済したい方は、他のスマホ決済アプリと、分けて使う必要があります。

注意点3. 設定の変更がやりにくい

pringの基本機能である、「お金をおくる」「お金をもらう」「お店ではらう」は、アプリトップ画面から簡単に行えます。

しかし、アカウント情報の確認等、各種設定が分かりにくいです。

トップ画面下のアイコン画像から履歴画面へ移動し、右上のアイコンをタップすれば、「アカウントメニュー」画面が表示されます。

注意点4. 相手にダウンロードしてもらう必要がある

当然ですが、pringで送金するには相手にもptingをダウンロードしてもらう必要があります。

カンタンに登録できるとはいえ、新しくアプリをダウンロードすること自体面倒に感じる人もいます。

pringがどれだけ便利か、相手に伝えられないと、pringでお金のやり取りを行うのは難しいかもしれません。

6. 利用前に気になるQ&A

これからpringを利用しようと考えている方は次のようなことが気になりませんか?

  1. 上限金額はいくら?
  2. スマホを無くしたり、不正利用されたらどうする?
  3. 複数の端末で利用はできる?

順に解説します。

Q1. 上限金額はいくら?

各種機能における上限金額は以下の通りです。

pringの上限

・お金をおくる
・お金をもらう
・お金をおろす
→10万円

・チャージ
→100万円

Q2. スマホを無くしたり、不正利用されたらどうする?

お問い合わせフォームから連絡し、アカウントを停止してもらいましょう。

Q3. 複数の端末で利用はできる?

残念ながら、一つのアカウントを複数の端末で利用できません。

また、複数アカウントを利用していると、利用規約違反となります。

7. pringの評判・口コミを徹底調査!

pringの魅力がわかったとしても、周りの声を聞かないと使い始めるのに抵抗がありますよね。

そんな方のために、pringの評判・口コミを徹底調査して参りました!

良い所と悪い所、双方から調査してきましたので、是非ご参照ください。

良いところ

圧倒的無料の便利を実感していらっしゃいます。

スマホで無料で出金できるのは、今までありえなかったですよね。

pringは将来のお金の管理の定番アプリになるかもですね。

悪いところ

どんな人にも対応できるように、連携できる銀行口座は増えて欲しいですね。

銀行側でトラブルがあると、pringが使えないケースがあります。

pringは基本的に普通口座しか連携できないので、仕事用で使いにくい面があります。

8. pringの登録方法

最後に、pringの登録方法を見ていきましょう!

以下の流れで行います。

pringの登録方法

  1. アプリダウンロード
  2. SMS認証(電話番号認証)&パスワード(生体認証)
  3. 個人情報登録
  4. 銀行口座登録
  5. チャージ方法

STEP1:アプリダウンロード

iOS・Androidどちらからでもダウンロード可能です。

・iOS

・Android

STEP2:SMS認証&パスワード・生体認証設定

ダウンロード後アプリを開き、利用規約に同意し、SMS認証を行います。

電話番号を送信し、送られる4桁の番号を入力しましょう。

SMS認証が完了すると、新規登録の手続きに入ります。セキュリティのためのパスワードの設定を求められます。6桁のパスワードを設定しましょう。

iPhoneの場合は、生体認証の設定も可能です。いつでも設定できますが、セキュリティーのためにこの場で設定しておきましょう。

STEP3:個人情報登録

基本的な個人情報を入力しています。

入力事項は以下の通り

登録する情報

・氏名(フリガナ)
・ニックネーム(アプリに表示される名前)
・生年月日
・性別
・住所
・職業
・利用目的(審査目的ではありません)

入力内容を確認したら「登録して次へ」をタップし、銀行口座を登録します。

STEP4:銀行口座登録

pringでお金を送ったり受け取ったりするには、銀行口座登録が必須です。この場で登録しましょう。

個人情報の入力が完了すると、以下の画面に切り替わるので、「続けて銀行口座を登録する」をタップ。

登録したい銀行を選択し、各銀行サイトに移動します(銀行によっては口座情報を入力してからサイトへ移動します)。

各サイトで、本人情報・口座情報を入力し登録手続き完了です。登録完了まで数営業日かかるので、それまで待ちましょう。

まとめ

pringは、ただの送金アプリではありません。

今まで煩わしかった、現金のやり取りが全て、スマホ内で無料で完結する画期的なアプリです

支払い機能を使う機会が少ないものの、それ以外での現金のやり取りが全てpringで行えます。

周りの人がpringを使っていなくても、口座間でのお金の移動が無料でできるので、現金の管理もpringで完結できます。シンプルな機能ゆえに、幅広い使い方ができます。

ぜび、pringをダウンロードして使ってみてください!

この記事が参考になれば幸いです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントはこちらからどうぞ!

*