THEO+docomoってどんなサービス?dポイントで投資ができるって本当?

THEO+ [テオプラス] docomoがどのようなサービスなのか気になっていますね?

THEO+ docomoはその名の通り、docomoユーザーにおすすめのサービスです。

ここでは、THEO+ docomoについて徹底解説。

この記事を読めば、通常のTHEOとも比較しながらTHEO+ docomoは何が違うのか?どちらが良いのかなどがわかります。

ぜひ参考にしてください。

1. THEO+ docomoとは?

THEO+ docomoとは、ロボアドバイザー「THEO」とdocomoが業務提携を行うことによって2018年5月16日から始まったdocomoのお客向けサービスです。

具体的には、THEO+ docomoに契約し、お金を預けると自動的に投資(資産運用)を行ってくれます。加えてTHEOで投資をしながらdocomoのdポイントを貯めたり、投資に回したりできます

docomoユーザーには嬉しいサービスです!

 THEOとTHEO+ docomoって何が違うの?

結論を言いますと、THEOとTHEO+docomoは機能や投資方法に関しては違いはありません。

まず、THEO+ (テオプラス)とは、THEOサービスは提携企業がサービス提供する際に使うブランド名のことです。

また、下記のようにTHEOとTHEO+は機能面において違いはありません。

なので、THEO+docomoの基本的な機能やメリット・デメリットついて詳しく知りたい方はこちら『THEO(テオ)を契約する前に知っておくべき全知識|お金のデザイン』を参考にすると理解できます。

しかしながら、THEO+docomoだけの便利な機能やお得なキャンペーンもあります

次からはTHEO+docomoだけのメリットを見て行きましょう!

2. THEO+ docomoだけのメリットは?

THEOと比較して、THEO+ docomoだけのメリットを考慮すると次の5点が考えられます。

  • 投資しながらdポイントがもらえる
  • dカードのお釣りを自動的に積立投資に回せる
  • ドコモ口座から連携できる
  • dアカウントを持っていれば簡単にログインできる

順番に見ていきましょう。

2-1. 投資しながらdポイントがもらえる!

THEO+ docomoでは、投資をしている期間中ずっとdポイントが溜まり続けます。

具体的にはドコモ回線の方は1万円につき毎月1.5ポイントが獲得できます。(ドコモ回線以外は1万円につき毎月1ポイント)

以下はドコモ回線の方がTHEO+ docomoで100万円を1年間運用(投資)した場合の獲得dポイントです。

毎月150ポイントずつ。年間では1800ポイントとなります。貯めたdポイントは様々な方法で使えます。

保有しているお金を銀行にいれているだけではdポイントはもらえません。ただ単にTHEOで運用しているだけでももらえません。

THEO+ docomoだからこその特典なので、とてもお得です!

2-2. dカードのお釣りを自動的に積立投資に回せる

7月からdカードのお釣りを自動的にTHEOの投資に回せるようになりました。

具体的には、最初に500円などの基準金額を決めておき、その差額が自動的に投資される仕組みです。

例えば、1400円の買い物の場合は500×3-1400=100円が投資に回ると考えられます。

貯金箱にお金を貯めていく感覚で投資ができるので便利ですね。

2-3. ドコモ口座から連携できる

2018年7月からドコモ口座と連携できるようになりました。

ドコモ口座とはdocomoが提供している、電子マネーサービスです。銀行やコンビニなどでマネーをドコモ口座にチャージし、手軽に決済などが行えるようになります。

ドコモ口座を利用すれば、毎回銀行からTHEO口座に振込みを行う必要がなくなります。ワンクリックで入金したり、 THEOで投資を行なっているお金の一部をドコモ口座に出金することなどが可能となります。

2-4. dアカウントを持っていれば簡単にログインできる

dアカウントとTHEOを連携させることができます。

連携させることで、初期登録の申し込みや運用開始後のログインなどが簡単になります。

THEO+ docomoの公式サイトはこちら↓
THEO+ docomo

3. THEOとTHEO+ docomoはどっちがおすすめ?

結論を言いますと、これは人の生活状況や投資スタンスによるのでどちらがおすすめとは断定して言えません。しかし、一般的にはTHEO公式から申し込むことをおすすめします。

というのもTHEOは現在、追加入金の手数料が実質無料になる「Try!冬のボーナス入金キャンペーン」を行っています。

このキャンペーンを行っているので、現在はTHEO公式から申し込んだ方がお得です。

キャンペーンについての詳しい説明をご覧になりたい方はこちらの記事「キャンペーンはあるの?THEOをもっともお得に契約する方法!」をご覧ください。

THEO+ docomoでもキャンペーンをやっているの?

現在THEO+ docomoでは下記のキャンペーンを実施中です。

  • 最大5,000dポイントがもらえる、「はじめよう!積立キャンペーン」
  • 3000dポイントが当たる「おつり投資を始めよう!」

順に解説します。

最大5,000dポイントがもらえる、「はじめよう!積立キャンペーン」

キャンペーン期間中に、「積立開始キャンペーン」にエントリーし、3ヶ月連続で積立による入金を行うと、最大5,000dポイントがもらえます

キャンペーン対象者:THEO+ docomo積立を初めて行うお客様(※以前にTHEO+ docomo積立を一度やめて再開する人は対場外です。)

積立投資はTHEO+ docomoで必ず行うことになるので、このキャンペーンを行われている2019年3月13日まではとてもお得な契約時です!

まず、こちらの図をご覧ください。

例えば、運用開始から1ヶ月目に50,000円を積立。2ヶ月目に30,000円を積立。3ヶ月目に20,000円を積立したとします。

この際、もらえるポイントは、3回の積立金のうち最も入金額が低かったものが基準となります。

今回の例だと、3ヶ月目の20,000円に合わせて200dポイントがもらえることになります。

実際にもらえる金額については、下の表を参考にしてください。

ポイントは最短で2019年4月中旬以降に配布されます!

加えて下記の注意点もありますのでしっかり確認しておきましょう!

  1. キャンペーン期間中一度も出金していない!
  2. dポイントの進呈時点で口座解約手続きがされていない!

3000dポイントが当たる「おつり投資を始めよう!」

THEO+[テオプラス] docomoで10万円以上を投資している人から、期間中におつり積立を初めて開始した方を対象に3,000ポイントプレゼント!抽選は100名に当たります

おつり投資とは、dカードのお釣りを自動的にTHEOの投資に回せる仕組み。

3000dポイントが当たるので、dカードをよく使う方にオススメのキャンペーンです。

THEO+ docomoはどんな人におすすめ?

ではTHEO+ docomoはどのような人におすすめなのでしょうか?

具体的には次のような人におすすめです。

  • 携帯会社がdocomoである
  • dポイントを利用している

docomoユーザーの方やdポイントをよく利用する人は、投資をするだけでdポイントがもらえるのでTHEO+ docomoを利用する価値はあります。逆にdポイントを利用しなかったり、興味のない方はTHEO+ docomoを利用する意味はそれほどないと言えます。

また、THEO+ docomoは預けた金額が多いほど多くのdポイントがもらえるので、多額のお金をTHEO+ docomoに預けて投資を行う予定の人は利用を検討しても良いでしょう。

生活を豊かにする方法は投資だけではない!

少々余談ですが、あなたの携帯料金は月6000〜7000円を超えていませんか?

もしあなたがdocomoユーザーならmineoなどの格安SIM会社に乗り換えるのも検討してはいかがでしょうか?

お金を作るという面で投資はとても効果的です。ですが、もっとも簡単に金を作る方法は「固定費を削減すること」です。

例えば、月6500円の携帯代を月1500円に変えれば月に5000円貯まりますよね?年間では約6万円。10年で60万円の削減となります。

この60万円を投資に回せば、生活はより豊かになると思いませんか?

「投資=儲ける」とは考えず、あくまで包括的にあなたの生活を改善させることをおすすめします。

当サイト「マネとも!」は最新のサービスに注目し、新しい角度からユーザー様の生活を改善させることを目指しています。

まとめ

THEO+ docomoについて解説しました。

THEO+ docomoとは、ロボアドバイザー「THEO」とdocomoが業務提携を行うことによって始まったdocomoのお客向けサービスです。

通常のロボアドバイザーTHEOと同じサービスに加えて、運用しておくだけで毎月dポイントをもらう事ができるため、docomoユーザーには嬉しいサービスですね!AIによるアシスト機能などにも注目が集まります。

docomoユーザーの方は利用検討してみてもいいのではないでしょうか?

公式サイトは画像をクリック↓
THEO+ docomo

ロボアドバイザーTHEOについて知りたい人は、『THEO[テオ]に投資してわかったメリットと3つの注意点』をご覧ください。

 

コメントはこちらからどうぞ!

*