簡単!ウェルスナビを解約する方法と事前に知るべき6つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウェルスナビを解約しようかお悩み中でしょうか?

結論から言いますと、ウェルスナビの解約は簡単です。

しかし、解約前にしっかりと確認しておくべきことがあります。もしかしたら、あなたが解約したいと思っている理由には勘違いがあるかもしれません。

ウェルスナビを解約する前に、この記事に目を通しておくと、より納得して解約ができます。また解約方法についても徹底解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

1. ウェルスナビの解約方法は?

ウェルスナビを解約するには、お客様サポートから解約を申し込みます。

お客様サポートには「ウェルスナビを解約お願いします。」等の趣旨を伝えたら大丈夫です。

解約のお申し込みを行うと、数日後ウェルスナビから解約手続きの書面が送付されます。書面に記入し、送り返すことで解約手続きは完了です。

なお、現金化するまでには、約3営業日ほどかかります。

また、解約時に手数料がかかりません

2. ウェルスナビを解約する前に知るべき6つの注意点!

ここは要チェック

ウェルスナビを解約する前に確認しておくべきことがあります。

  • 絶対に全額を出金するように
  • 積立投資の設定を解約する
  • 現金化には3営業日程度かかる
  • 出金依頼前の金額と実際に振り込まれる金額が違う場合がある
  • 損失は円高が原因である可能性がある
  • ロボアドバイザーは長期投資を基本としている

順番に見ていきましょう。

注意点1.絶対に全額を出金するように!

解約のお申し込みを行う前に、必ず出金メニューから全額出金しましょう。

出金手数料は無料なので安心です。

注意点2.積立投資の設定を解約する

自動積立の設定をしている方は必ず自動積立の設定解約をしましょう。

注意点3.現金化には3営業日程度かかる

平日20時までに出金依頼を行うと、その日から現金化までに約3営業日程度かかります

また、日本またはニューヨークの休日を挟んだら現金化までの日程が伸びる可能性があります。そのため月曜か火曜に出金依頼をすることをオススメします。

注意点4.出金依頼前の金額と実際に振り込まれる金額が違う場合がある

出金依頼をする前の金額と実際に手元に戻ってくる金額が違うことがあります。

これは運用しているETFを売却の際に譲渡益が発生するためです。

譲渡益とは投資元本に対する値上がり率のこと。源泉徴収ありの特定口座の場合、値上がり益に約20%の税金が課されます。

また、譲渡益の他にもウェルスナビの当月分(出金日前日まで)の運用手数料も差し引かれます。

なお、売却時の取引明細は、売却時に発行される電子交付書面から確認できるので安心です。

注意点5.損失は円高が原因である可能性がある

もしかしたら、運用実績が思ったほど良くないから解約しようと思っているのではないでしょうか?

結論から言いますと、ドルで利益が出ていれば問題ありません。

ウェルスナビは海外ETFで運用を行います。そのため、運用実績はドル建てで見る必要があります。

ウェルスナビ損失の主な原因は円高です。

円高とはドルに対して円の価値が高くなることを言います。

円の状態

1ドルに対する円の値段

100ドルの対する円の値段

円高

1ドル=90円

90000円

(基準値)

1ドル=100円

100000円

円安

1ドル=110円

110000円

※あくまで一例。円高、円安の基準は個人で異なります。

例えば、今まで1ドル=100円だったのが1ドル=90円となることを円高と言います。運用している金融資産の総額が500ドルだった場合、100円×100ドル=100000円が、90円×100ドル=90000円となるので円高の影響で10000円も損したことになります。

このような変化を為替相場の変化と言います。これは日々変わり続けるものなので、コントロールは不可能です。
基本的には、ドル建てで利益が出ていれば問題ありません

この為替相場の影響を回避するには積立投資が効果的です。

積立投資とは毎月定額を購入していく方法です。購入時期が定期なので為替相場の影響はあまり問題になりません。

ドル建てで見るとプラスなのに、円建でマイナスとないっている場合、ウェルスナビが提供している自動積立を利用してもう少し様子を見てみると良いでしょう。

注意点6.ロボアドバイザーは長期投資を基本としている

そもそもロボアドバイザーは長期投資を前提としているサービス。

投資理論的には、保有する期間を長くすれば長くするほど、最初の時点より価格が上がっている可能性が高くなるのです。

そのため、1、2ヶ月目の損失はあまり問題にはなりません。最低でも1年間は投資を続けてから解約でも遅くはありません。

3. ウェルスナビよりオススメのロボアドバイザーはあるのか?

ウェルスナビを解約したいと思ったのは、次のような理由があったからではないでしょうか?

  • 手数料が高すぎる
  • 10万円も預けるのはやっぱり不安
  • 自動じゃなく自分自身で銘柄を選んで投資したい

実はこれらの問題を解説するロボアドバイザーがあります。

それはマネックス証券が提供するロボアドバイザー「マネックスアドバイザー」です。

マネックスアドバイザーは2017年10月末に出現したロボアドバイザー。激安な手数料と投資上級者でも満足できる機能が好評です。

ここからはウェルスナビとマネックスアドバイザーを比較しながら、どうしてマネックスアドバイザーがオススメなのかを解説します。

マネックス証券の公式サイトは下の画像をクリック↓

4. ウェルスナビとマネックスアドバイザーを徹底比較

ウェルスナビとマネックスアドバイザーを以下の3つのポイントに絞って比較していきます。

  1. 手数料
  2. 投資可能最低金額
  3. 機能面

順に見ていきましょう。

(1)手数料

手数料は圧倒的にマネックスアドバイザーが安いです。

ウェルスナビの半分程度の手数料となります。

(2)投資可能最低金額

ウェルスナビは10万円から、対してマネックスアドバイザーは5万円から。

マネックスアドバイザーの方が気軽に投資できます

(3)機能面

機能面は節税機能「DeTax」を備えたウェルスナビの方がいいです。

しかし、マネックスアドバイザーは金融市場の動向に応じて、投資家が自分で運用プランを変更したり、資産配分を変更することができます。専門家の相場見通しや運用会社のリポートなどの情報を反映させることもできます。

そのためウェルスナビのように投資をしている感覚がないということはありません。そのため、中級者・上級者にもおすすめのロボアドバイザーです。

結論:手数料を抑えながら自分で投資してみたい方はマネックスアドバイザー

手数料を抑えながら自分で投資してみたい方はマネックスアドバイザーをオススメします。

特に手数料が安いのは将来的には大きな差となるので重要です。

※マネックスアドバイザーの注意点

しかしながらマネックスアドバイザーには2つの懸念点があります。

1つは始まったばかりのサービスなので過去の運用実績がない点。もう1つはウェルスナビのようにほったらかしの運用ができない点です。

運用に対するアドバイスは行ってくれますが、自動では行ってくれません。マネックスアドバイザーの提案に同意する必要があるので少々手間だと感じるかもしれません。

マネックスアドバイザーについて、もっと知りたいという方は『投資ならマネックスアドバイザーをおすすめする7つの理由』の記事をご覧ください。

5. マネックスアドバイザーの契約方法

マネックスアドバイザーは公式サイトからお申し込みを行います。

ステップ1. お得なキャンペーンを行なっていないか確認する

ステップ2. 公式サイトから無料診断を行う

ステップ1. お得なキャンペーンを行なっていないか確認する

まずは公式サイトでお得なキャンペーンを行なっていないか確認しましょう。

現在、マネックスアドバイザーはサービス利用料無料キャンペーンを実施中。

つまりあなたが負担する費用は投資信託のコスト(信託報酬)0.06~0.28%(税別)のみ

今、始めるのが絶対にお得です。

ステップ2. 公式サイトから無料診断を行う

キャンペーンをチェックしたら、公式サイトで無料診断を受けてみましょう。

簡単な5つの質問に答えると、マネックスアドバイザーがあなたに最適な運用プランを提案してくれます。

診断内容に納得し、マネックスアドバイザーを利用してみようと思った方は「買付注文へ」にをクリック。

マネックスアドバイザーを利用するには、マネックス証券の口座を開設する必要があります。すでに口座を開設している方は、すぐに利用可能です。

6. ロボアドバイザー以外のお金の増やし方

ロボアドバイザー以外にもお金を増やす方法はたくさんあります。

その中でも代表的なものをご紹介します。

あなたに合いそうな資産運用が見つかるといいですね。

(1)仮想通貨投資

仮想通貨投資は、今最も勢いのあるハイリターン・ハイリスクの投資方法です。

Zaifなどの取引所に登録し、仮想通貨の購入を行います。

代表的仮想通貨であるビットコインは1日に40万円以上の値上がりを見せることもあり、一攫千金も夢ではありあません。

また仮想通貨は全体的に上昇傾向にあるので、しっかりと勉強して投資を行えば大きな利益が期待できます。しかし、超ハイリスクなので注意です。

事前に当サイトで情報収集を行い、将来性がある通貨を見極めた上で投資を行いましょう

(2)ソーシャルレンディング

(引用:SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは徐々に浸透しつつある投資方法です。

具体的には、銀行が行っているようなお金の貸付を個人や企業でも手軽にできるサービスです。

お金を貸している間は常に金利が発生するので、ほぼ確実に配当金を得られます。また1万円からという少額から始められるのも大きなメリット。

しかし、案件によって大きくリスクが変わってくるので、事前にしっかり知識をつける必要があります

(3)デイトレード

(引用:DMMFX

デイトレードの主な例として株やFX等が挙げられます。(株やFXは長期運用も可)

お金を借り入れて投資したり、レバレッジという仕組みを使って資産を何倍にも増やしてトレードを行います

しかし、かなりリスクの高い投資であり、難易度も高いです。

デイトレーダーとして成功するには強靭な精神が必要なので、基本的にはオススメしません

(4)保険

(引用:M保険会社)

保険は保障という考えている人も多いでしょうが、実がかなり優秀な貯蓄手段なのです。

具体的には、(60歳)ドル建て払込型終身保険と言われる保険は、毎月の保険料こそ高いですが、払込が終わればそこから一定の金利でお金を増やすことができます

いわば保障と貯蓄の役割を同時に担っているのです。金利も高いものだと3%を超えます。※ドル建て

資産運用を考える際に、ぜひ検討したい手段です。

(5)不動産投資

不動産投資は、マンションやアパートの一室を購入して、家賃収入を得る投資方法です。

入居者がいれば、定期収入を得られます。また、節税の手段としても非常に有効です。

ただ、投資には一定以上の年収や大企業に勤めているなど信用が必要になります。また、入居者が現れないというリスクもあります。

専門家などに聞くなど念入りな準備が必要になる投資方法です。

(6)預金

預金は資産運用の基本です。銀行にお金を預けることで金利分の資産を増やすことができます。バブル時代は約7%もの金利がついたと言います。これは10年銀行に預金するだけで資産が2倍になるほどの高金利です。

最近はマイナス金利の影響で銀行にお金を預けていても全くお金が増えないので、有効な資産運用とは言えません。

結論:投資は余剰資金で!

いかがでしたでしょうか?お金を増やす方法は実はたくさんあるのです。

しかし、忘れてはいけないことがあります。

投資は余剰資金で行うということです。余剰資金とは生活に関係のない、今すぐには使わないお金です。

投資において一番大事なことはお金を増やすことではなく、「お金を減らさないこと」です。

最悪無くなってもいいと割り切れるお金で投資をしましょう。

まとめ

ウェルスナビ解約の前に必ず全額出金と自動積立の解除を行いましょう

もし、「他のロボアドバイザーの方が実績が良さそう!」という理由で乗り換えを検討している人は、注意が必要です。

ロボアドバイザーを比較してわかった1番のおすすめはこれだ!』の記事でも解説しましたが、ロボアドバイザーは短期的な実績だけで評価すべきではありません。

手数料を抑えながら自分で投資してみたい方はマネックスアドバイザーをオススメします。

ロボアドバイザー以外にもお金を増やす手段は無数にあります。「お金を減らさない」ことをコンセプトにぜひあなたに合った投資方法を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

     

    コメントを残す

    *