ロボアドバイザー

WealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)はどっちがよい?特徴・運用実績の違いを比較!

「WealthNavi(ウェルスナビ)」や「THEO(テオ)」など、投資のアドバイスや運用自体を自動で行ってくれるサービス、ロボアドバイザー。その利便性の高さから、投資初心者や、投資に時間を割けない多忙な人に人気となっています。

しかし、人気ということは知っていても、「WealthNavi」と「THEO」は何が違うのか、そもそもロボアドバイザーとは具体的などんなものなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ロボアドバイザーを利用すれば投資を行う上での大半の作業が不要になります。また、「WealthNavi」と「THEO」それぞれの機能を自分の投資スタイルにあわせて利用することで、自分一人では実現できない投資を長期的に行うことができるようになります。

なぜここまで断言できるかというと、弊サイトが実際に投資して確かめたばかりでなく。直接本社に話を伺い、信用できるプロダクトであることを確認したからです。

この記事では、ロボアドバイザーについての基礎知識だけでなく、「WealthNavi」と「THEO」を徹底比較して判明したそれぞれの強みの紹介に加え、弊サイトのスタッフが実際に利用した投資実績を公開します。

最後まで読めば、あなたにとって適切なロボアドバイザーを選べるようになるでしょう

1. ロボアドバイザー(ロボアド)とは

「WealthNavi」と「THEO」を比較する前に、そもそもロボアドバイザー(ロボアド)とはどんなサービスかおさらいしましょう。

ロボアドは、投資家に対するアドバイスや、どのような金融商品を買うかの計画(ポートフォリオ)、実際の運用をおまかせできるサービスを指します。大きく分けて、投資アドバイスのみをする「アドバイス型」と、運用を代行する「投資一任・一括型」の二つの型に分かれています。

投資計画を立てる上で非常に有効なのは、専門家の分析や集積されたデータによって導かれた金融アルゴリズムです。とはいえ、金融アルゴリズムはこれまで富裕層や機関投資家など、一部の層だけが使えるものでした。ロボアドはテクノロジーの発展に伴い、プロだけが使えた最新の金融アルゴリズムを誰もが使えるようになったサービスと言えます。

ロボアドの最大のメリットは、投資の手間が圧倒的に少なくなることです。投資の初心者でも、最新のアルゴリズムに則ったアドバイス・運用を受けることができます。金融アルゴリズムに則して運用するので、人件費も掛からず、同様のサービスを人にお願いするよりもコストが大きく下がります。

また、ロボアドを利用する上での最低投資金額が1,000〜10,000円程度で、気軽に少額から投資を始められるのも魅力となっています。

デメリットとしては、短期的に利益を上げるのには向いていないことが挙げられます。ロボアドは投資のアドバイスや運用をアルゴリズムに沿って行うと伝えましたが、それが最も活きるのは長期的な投資です。ロボアドは、手間をかけずに地道に資産を増やしていくのに最適なサービスと言えます。

また、これはロボアドに限った話でありませんが、あくまで予測であるため、元本割れのリスクも存在します。長期投資をすれば必ず利益が出せることではないということも頭に入れておく必要があるでしょう。

ロボアドがどういったものなのか分かったところで、この後は人気のロボアドである「WealthNavi」と「THEO」について具体的に紹介します。

2. WealthNavi・THEOとは【基本情報】

ロボアドバイザーにも様々なサービスが存在していますが、代表的なのは「WealthNavi」「THEO」の二つ。これらがどういったサービスなのか、具体的に紹介します。

前提として、どちらのロボアドバイザーも将来の資産形成に役立つことは間違いありません。なぜなら、どちらも「長期・分散・積立」という資産運用の考えの基づいて作られているからです。「長期・分散・積立」とは、将来の資産形成において有用とされている考え方で、日本の金融庁にも推奨されています。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは

WealthNaviは、2016年7月にウェルスナビ株式会社が提供を始めた投資一任型のロボアドバイザーです。最も人気のサービスで、多くのユーザーがWealthNaviで投資を行っています。

資産運用に用いているアルゴリズムや手数料などの情報はすべてウェブ上で公開され、透明性が非常に高いことが人気の理由の一つです。

【評判/取材あり】ウェルスナビは怪しい?投資してわかった実績・メリット・デメリットを口コミ!

「基本的に何もしなくていい」とCM等でも話題の全自動資産運用サービス、ウェルスナビ(WealthNavi)。 誰でも簡単に資産運用ができるというのはとても魅力的です。 その一方で、「金融の専門知識はい ...

続きを見る

THEO(テオ)とは

THEOは株式会社お金のデザインが提供する投資一任型のロボアドバイザーです。WealthNaviより5ヶ月早い、2016年2月に国内初の本格サービスとしてリリースされました。最低投資金額が1万円に設定されているため、少額で気軽に投資を始められるのが特徴です。

THEO[テオ]の評判実績は?投資してわかったメリットと注意点!

「投資で資産を作りたいけど、時間がない。。」と困っていませんか? 資産形成が大切だと分かっていても、勉強をしたり運用するような時間を作るのはなかなか難しいですよね。 そのような場合、放ったらかしで資産 ...

続きを見る

3. WealthNaviとTHEOの違いを徹底比較

ここまで、WealthNaviとTHEOはどちらも信頼のおける投資一任型ロボアドバイザーサービスであることをお伝えしました。とはいえ、2つのサービスのどちらを選べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

結論から言うと、人気No.1の信頼で選ぶならWealthNai、始めやすさで選ぶならTHEOと言えます。

ここからは、WealthNaviとTHEOの違いを徹底比較し、それぞれのサービスがどんな人に適切なのかを明確にしていきます。

1. 最低投資可能金額

一般的にロボアドバイザーには、投資をする上での最低金額が設定されています。最低金額が低くなるほど挑戦しやすくなりますが、同時に投資する金額も少額になり期待できるリターンも低くなります。

WealthNaviとTHEOを比較すると、初期投資最低額はWealthNaviが10万円、対してTHEOは1万円となっています。ロボアドバイザーの機能をひとまず試してみたいという場合にはTHEOが最適でしょう。

2. 手数料

ロボアドバイザーを利用するにあたり、手数料は軽視できないポイントです。なぜなら、ロボアドバイザーは長期的な投資での利用を前提に設計されているからです。

わずかな差でも、5年以上の長期利用を考えると合計手数料は大きく変わります。ちなみに、WealthNaviとTHEOの基本手数料はどちらも同じで、預かり資産の1.1%(年率・税込)です。また、WealthNaviとTHEOのどちらでも、預かり資産のうち3,000万円を超えた部分は手数料が0.55%に割引されます。

3. 手数料割引

WealthNaviとTHEOの手数料は同額でしたが、割引の内容はそれぞれ異なるので注意しましょう。

結論から言うとTHEOの方が全体的な割引率が高くなっています。しかしながら、割引サービスを受けるためには特定の条件をクリアする必要があります。

そこで、WealthNaviとTHEOで展開されているそれぞれの割引サービスについて、ここで一度しっかりと確認しましょう。

WealthNaviにおける割引サービスには、運用に費やした期間・金額に合わせて手数料が安くなる「長期割」というものがあります。内容は以下のとおりです。

WealthNaviの「長期割」プラン
運用金額 50万円以上、200万円未満 200万円以上
手数料割引 6ヶ月ごとに年率0.011%下がる 6ヶ月ごとに年率0.022%下がる
※ 最大で年率0.99%まで割引

仮に100万円を運用した場合、手数料が年率0.99%の最安値になるのに60ヶ月(5年)。200万円を運用した場合は30ヶ月(2.5年)かかる計算になります。具体的な手数料の金額例として200万円を運用する場合、当初2,200円だったものが5年後に1,980円となります。

微々たる差に感じますが、1000万円以上の運用となると手数料だけで年間1万円以上かかることになるので、注意しておきたいところです。

一方でTHEOの割引サービスには、利用状況に応じてユーザーがカラー分けされ、そのカラーに応じて割引額が変わる「カラーパレット」というシステムが採用されています。

具体的な内容は以下のとおりです。

カラー 手数料(年率・税込) 割引率 カラーが割り振られる運用金額
ホワイト 1.1% 0% 1万円以下、あるいは条件を満たさない場合
ブルー 0.990% 10% 1万〜50万円未満
グリーン 0.880% 20% 50万〜100万円未満
イエロー 0.770% 30% 100万〜10000万円未満
レッド 0.715% 35% 1000万円以上

最大で手数料は0.715%にまで割引されます。これは1000万円以上を運用する場合は大きな差となるでしょう。また、100万円の運用でも手数料は年率0.880%となるので、少額の投資でもしっかりと割引を受けることができます。

全体的に割引率が高い一方で、カラーがランクアップするためには、

  • dカードGOLDを利用していること
  • 毎月積み立てをしていること
  • 一度も出金をしないこと

という3つの条件をクリアする必要があります。なお、どれか一つの条件から外れると、カラーがホワイトに設定されます。

以上のように、WealthNaviとTHEOでは基本的な手数料は同じであるものの、割引サービスに違いがありました。手数料の割引についてまとめると以下のようになります。

手数料割引まとめ
  • 50万円未満の運用の場合、WealthNaviでは割引なしだが、THEOでは条件をクリアすれば割引がある。
  • THEOでは高額の預け入れになるほど割引率も大きく上がるが、条件が少々厳しい

4. 金融商品

WealthNaviとTHEOで扱う主な金融商品は、「海外ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)」となっています。

投資銘柄数はWealthNaviで7名柄、THEOで約30名柄です。

海外ETFはその名のとおり投資信託の一つであるため、多数の銘柄で構成されています。そのため、リスクを分散した投資を行えるのが特徴です。

THEOは取り扱い銘柄数が多いため、WealthNavi以上にリスク分散が期待できると言えます。

ただし、銘柄数が多いからといって運用実績が良いかは別問題ですので注意しましょう。

5. 自動積立投資機能

初期投資に回せるお金が潤沢にあればいいものの、そんなお金はないことがほとんど。そこで、長期的な投資では毎月少しずつ資金を追加投入する積み立てが重要となります。この投資手法は「ドルコスト平均法」とも呼ばれ、資産形成に有効な資産運用手法として有名です。

しかしながら、毎月自分の手でお金を振り込んでいくのは想像以上に手間がかかります。また、利益が出ない間はモチベーションも上がらず、途中で投資を辞めてしまう可能性も考えられるでしょう。

そこで、ロボアドバイザーには毎月1回、一定の積立額を銀行口座から引き落とす「自動積立投資機能」が搭載されています。自動積立投資機能についてWealthNaviとTHEOの間に大きな違いはありません。

入金に手数料はかからず、手続きはオンラインで簡単に済ませることができます。また、積立金額も1万円から設定することができるため、気軽に利用することができるでしょう。

加えて、毎月の積み立てをせずに、特定月のみの積み立てを設定することも可能です。これにより、ボーナスが入る月だけ自動で入金することができ、無理なく柔軟に投資を続けられるようになっています。特定月の積み立てについても、WealthNaviとTHEO双方で行うことができます。

自動積立投資において、THEOでは毎月6日、12日、20日、26日の4つから自動的に引き落とされます。一方WealthNaviでは毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から自由に引き落とし日を選択できます。また、月の引き落とし回数を1回〜5回など、自由に増減できる点もWealthNaviの特徴です。

6. 節税機能

投資で利益を上げた場合、避けては通れないのが税金の支払いです。税金の負担は誰もが気になるところですが、有難いことにロボアドバイザーには節税機能が備わっています。

WealthNaviでは税金の負担額が一定を超えた場合、翌年以降に繰り越される「DeTAX」という節税機能があります。一方THEOに備わっている節税機能は「Tax Optimizer」と呼ばれ、こちらは税額を減らすために自動で損失を発生させ、課税対象となる利益そのものを相殺する仕組みになっています。

どちらも自動で発動する機能であり、あくまで税額を軽くするのが目的です。資産にダメージが発生しないよう計算されていますので、安心して利用できるでしょう。

7. 運用手法

WealthNaviとTHEOは、どちらもよく似た投資手法を取っています。ベースとなる手法は前述したように金融庁でも推奨されている「長期・分散・積立」です。

長期投資が有用な理由は、時期によって価格の上がり下がりの激しい投資において、短期集中で資金を投入すると一気に資産を失うリスクがあるからです。長期投資で投資するタイミングを分散させれば、リスクも分散させることができます。

また、WealthNaviとTHEOでは海外ETFを運用します。その投資対象はWealthNaviでは世界50か国、THEOでは世界86か国です。投資先をひとつの国の企業に絞ると政治情勢などの国家的な問題がリスクとなります。そのリスクを避けるためにも、数十カ国を投資対象とする海外分散投資が行われています。

以上のように、WealthNaviとTHEOどちらも、リスク分散を意識した投資手法がベースとなっています。

とくにWealthNaviは「長期・分散・積立」に忠実に従っており、年間3%以上の成長率を持つ世界経済の成長率と同等の成長を狙っています。一方で、THEOでは基本を守りながらも、あえて王道ではない銘柄も投資対象に組み込むことで、+αの運用実績を狙う「スマートベータ」という運用手法を取っています。

金融庁も推奨する長期・分散・積立投資とは?最適なオススメの投資方法まで解説!

近年、年金に頼った生活設計だけでは資金不足になる可能性があるので「長期・分散型の資産運用」を行いましょう!と金融庁も主張しています。 基本的に、投資で絶対もうかるという確証はありません。なぜなら、リス ...

続きを見る

8. 確定申告

WealthNaviとTHEOは両方とも、口座開設のときに「源泉徴収ありの特定口座」を選択すれば、確定申告を行う必要はありません。

※会社員でも年収2,000万を超えていたり、副業での収入が20万以上などの人は、別途確定申告が必要です。

WealthNaviとTHEOは海外ETFで運用を行っているため、配当金が日本と米国で二重課税されています。そこで、「外国税額控除」という控除を適用すれば、配当に対する余分な税金を取り戻すことができます(別途、確定申告の必要あり。)

配当金への税率は、米国では10%、日本では20.315%です。米国で10%支払い、残った利益から日本の20.315%支払う必要があります。そこで外国税額控除を適用すれば、米国内で課税された分の還付を受けることができます。配当金の額面が多くなるほど効果が強まるので、確定申告を行うのはWealthNaviとTHEOを利用する上で重要といえます。

9. 自動リバランス機能

「長期・積立・分散」の資産運用において、資産の組み合わせであるポートフォリオを常に最適な状態に保つことが重要です。投資する資産の組み合わせのバランスを整える(リバランスする)ことで、10年以上の長期投資をする中で発生するリスクを調整することができます。

ロボアドバイザーは、このポートフォリオを自動でリバランスする機能を搭載。WealthNaviとTHEOでもこの自動リバランス機能は採用されていますが、実施される頻度が異なります。 WealthNaviでは原則として半年に1回、THEOでは毎月リバランスを実行。THEOは高頻度で調整を行うため、より安心して利用できそうです。

WealthNaviとTHEOの比較まとめ

ここまで、WealthNaviとTHEOの機能を比較してきました。改めてまとめて確認してみましょう。

  WealthNavi(ウェルスナビ) THEO(テオ)
サービス提供会社 ウェルスナビ株式会社 (株)お金のデザイン
最低投資可能金額 10万円 1万円
基本手数料(税込) 1.1% 1.1%
手数料割引 長期割(最大10%OFF) カラーパレット(最大35%OFF)
金融商品 海外ETF
自動積立機能 あり:支払い回数カスタム可 あり:支払い回数は月1回のみ
節税機能 DeTAX Tax Optimizer
運用手法 基本に忠実。
年間3%の成長を目指す。
基本を大切にしつつ+αを狙う
「スマートベータ」を採用。
確定申告 不要
※源泉徴収ありの特定口座
ポートフォリオの
リバランス頻度
原則として半年に1回 毎月1回

4. WealthNaviとTHEOの運用実績を比較

ここまでWealthNaviとTHEOの機能を比較してきました。どちらも魅力的な機能が備わっていましたが、実際に自分のお金で資産運用するとなると、確実に運用実績を出してくれるロボアドバイザーを選びたいですよね。

そのようなときは、公開されている機能のデータやサービス内容では分からない、実際の運用実績が気になるところです。

そこで、弊サイトでは実際にWealthNaviとTHEO双方で資産運用を行い、その投資実績を公開します。あくまで過去の運用実績なので、将来の運用を保証する訳ではありません。とはいえ、良い運用実績のあるサービスの方が安心できるのも事実です。

※ウェルスナビのみ積立投資を実践。投資開始時期はほぼ同じです。

WealthNaviの運用実績(2017年11月〜2021年11月)

運用実績は41.21%。

THEOの運用実績(2017年11月〜2021年11月)

運用実績は21.70%。

弊サイトでの運用実績では、WealthNaviの方が優秀な結果となりました。どちらも15%超えと、銀行の金利よりははるかに高い利回りです。

※個人の運用コースによって成績は変わります。(WealthNaviは5パターン、THEOは231パターン)また今後の相場状況によっては運用実績は変わる可能性があります。

5. WealthNavi・THEOと比較される楽ラップ

ここまでWealthNaviとTHEOについて、機能や過去の実績など様々な面から比較しました。WealthNaviとTHEOは最も人気なロボアドバイザーですが、特定の人におすすめできるサービスが他にも存在します。

それは、楽天ユーザーにメリットの多いロボアドバイザー「楽ラップ」です。

楽ラップの最低投資金額は1万円とTHEOと同様に低額です。

楽ラップの最大の特徴は、楽天証券の口座を開設していたら使えることです。

ですので、楽天証券で本格的な資産運用を始めたいけど最初は楽ラップからという人に向いています。一方、投資対象は国内の投資信託18名柄となっているため、WealthNavi、THEOと違って運用する金融商品が異なります。

とはいえ気軽に始められる内容となっているので、楽天証券を利用予定の方は選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

6. WealthNavi・THEOどちらを選ぶべきか

ここまでWealthNaviとTHEOを比較してきました。改めてそれぞれの概要について振り返ったのち、最後にWealthNaviとTHEOがそれぞれどういった人に向いているのかご紹介します。

WealthNaviとTHEOの共通点
  • 運用の全てを任せられる投資一任型ロボアドバイザー
  • 運用における考え方は「長期・分散・積立」
  • 基本手数料は預入金額の1.1%(税込)
  • 税金の負担軽減、ポートフォリオのリバランスを自動で行う
WealthNaviとTHEOの違い
  • 最低投資金額がWealthNaviは10万円、THEOでは1万円
  • 基本手数料割引サービスのプランが違う
  • 運用手法がWealthNaviでは基本に忠実、THEOではあえてマイナーな銘柄にも投資
  • WealthNaviでは自動積立の引き落とし日をカスタムできる
  • ポートフォリオのリバランスの頻度はTHEOの方が高い

以上のようになりました。

手数料割引の関係から、THEOの割引条件に満たないものの、50万円以上の預け入れができる人はWealthNaviの利用が向いているでしょう。また、自動積立の日程を柔軟に変えられるという点では、より自分のペースに合わせたプランで投資をしたい人にもWealthNaviが向いていると言えます。

THEOはWealthNaviよりも手数料が安くなる一方、dカードゴールドやおつり積立などの制約が求められます。また、最低投資金額が1万円とWealthNaviより圧倒的に低いことからも、簡単に始められるのも魅力です。

以上のことから、自分の資産をしっかりと運用したい気持ちが強い人、あるいはとにかく手軽にロボアドバイザーを利用し始めたいという人にはTHEOが向いていると言えます。

ロボアドバイザーを利用すれば、長期的に堅実な投資を無理なく続けることができます。自分のペースを守りつつ、より建設的な投資を行えるロボアドバイザーをぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したWealthNaviとTHEOの詳細については、以下を参考にしてください。

【評判/取材あり】ウェルスナビは怪しい?投資してわかった実績・メリット・デメリットを口コミ!

「基本的に何もしなくていい」とCM等でも話題の全自動資産運用サービス、ウェルスナビ(WealthNavi)。 誰でも簡単に資産運用ができるというのはとても魅力的です。 その一方で、「金融の専門知識はい ...

続きを見る

THEO[テオ]の評判実績は?投資してわかったメリットと注意点!

「投資で資産を作りたいけど、時間がない。。」と困っていませんか? 資産形成が大切だと分かっていても、勉強をしたり運用するような時間を作るのはなかなか難しいですよね。 そのような場合、放ったらかしで資産 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

マネとも!編集部

「誰もがお金の心配をせず自分らしく生きていける世界」を目指して、お金に関する情報提供を行なっています。Twitterでは管理人が絶賛ツイート中。インスタグラムでは会話形式で楽しくお金の勉強ができる投稿をしています。

-ロボアドバイザー