THEO(テオ)で NISAの利用はできるの?つみたてNISAとも徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THEO(テオ)でNISAが利用できるのかお調べ中でしょうか?

NISAは利益に税金がかからないというお得な制度。そのため、THEOをNISA口座で利用できればいいのに!と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、THEOとつみたて(積立)NISAのどちらがおすすめなのか気になっている人もいるかもしれませんね。

結論から言いますと、THEOはNISA口座で利用できません。また、つみたてNISAと比べてどちらがおすすめとは一概には言えません。これは個人によります。

ここでは、THEOとNISAについて解説。また、つみたてNISAとの違いも明らかにした上で、THEOがどのような人に向いているのかを解説します。

この記事を読めば、THEOとつみたてNISAのどちらを利用すればいいのかがわかり、納得してTHEOを検討できます。

1. THEOはNISA口座で利用できるの?

THEO公式を見てみると以下のように回答しています。

いいえ。NISA口座には対応しておりません。当社の運用ではお客さまの資産運用方針を維持するために毎月リバランスによる売買を行っており、一度の売買により税メリットが確定してしまう現行のNISA制度に合わないためです。(引用:THEO公式)

このため、THEOをNISA口座で利用することはできません。

NISAには他にも「つみたて(積立)NISA」「ジュニアNISA」などもありますが、全てTHEOと併用することはできません。

2. そもそもNISAってどんな制度?

そもそもNISAとはどのような制度なのでしょうか?おさらいしておきましょう。

NISAは少額投資非課税制度と言われます

具体的には、NISA口座で投資した商品で利益が出ても税金を取られないという制度です。

一般的に投資で利益が出た場合、利益に対して20.315%の税金がかかります。

100万円の利益が出ても約20万円も税金で持っていかれるので嫌に思いますよね・・・

しかし、NISA口座で運用する場合は税金がかかりません。つまり非課税となるのです。税金がかからないので、もちろん確定申告も必要ありません

これはかなり大きなメリットですよね?しかし注意点もあります。

しっかり確認しておきましょう!

2-1. NISAのデメリットを徹底解説

ここは要チェック

非課税という、大きなメリットがあるNISAですが、デメリットもあります。それは次の2点です。

  1. NISAの種類によって、年間の上限額が変わる
  2. 絶対に利益を上げる必要がある。

しっかり確認しておきましょう。

デメリット1:NISAの種類によって、年間の上限額が変わる

NISAには「現行NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、それぞれのNISAごとに年間の投資可能上限額が決まっています。

また、NISAの種類ごとにNISA口座を利用できる期間も決まっています。

各NISAの特徴を表にまとめましたのでご覧ください。

NISAの種類年間投資上限額口座利用ができる期間
NISA120万円5年間
つみたてNISA40万円20年間
ジュニアNISA80万円5年間

年間ごとに上限があるという点に注意が必要です

また、NISAとつみたてNISAは併用ができません。どちらか一方を利用する必要があります。

デメリット2:絶対に利益を上げる必要がある

NISA口座では、絶対に利益を上げる必要があります。

なぜなら損益通算ができないからです。

一般的に、ある口座で損失が出た場合、他の口座の利益と相殺させることができます。これを損益通算ができると言います。

NISAではこの損益通算ができません。

例えば、ある口座で100万円の利益、NISA 口座で40万円の損失が出たとします。損失が出たのがNISA口座でない場合、100万円から40万円を引いた60万円に対して約20.315%の税金が課されます。(損益通算ができる)

しかし、40万円の損失がでたのがNISA口座の場合は100万円に全てに対して約20.315%の税金が課されるのです。

一方、THEOは確定申告を行えば損益通算を行うことができます。

NISA口座では確実に利益を出すことが求められのです。

3. THEOとつみたて(積立)NISAはどっちがおすすめ?

NISAのメリット・デメリットについて理解できたでしょうか?

NISAの方が向いていかも?と思った人もいるかもしれませんね。

THEOはよくNISA制度の中でも「つみたてNISA」をいう制度と比べられ議論になります。

つみたてNISAの投資額は毎年40万円が上限です。また、つみたてNISAの口座を開設すれば20年間非課税で運用することができます。

20年間も利益に税金がかからないのは嬉しいですよね!

THEOも長期的に積立投資を行なっていくことを前提としたサービスなので似ているように思えます。

結論を言いますと、どちら向いているというのは人それぞれなので一概には言えません

THEOとつみたてNISAの特徴を比較する表を作ってみたので、見比べてみてください。

上記の表を踏まえてTHEOとつみたてNISAがそれぞれどのような人におすすめなのか解説します。

3-1. THEOはこんな人におすすめ!

THEOは次のような人におすすめです。

  • どのような銘柄を買えばいいのかわからない人
  • 投資の勉強する時間が取れない人
  • 預金感覚で投資をしたい人
  • 最もストレスが低い投資をしたい人
  • 20年以上の投資を行いたい人
  • 年間の投資額が40万円以上の人 
  • 海外ETF(海外の証券取引所に上場されている投資信託)に投資したい人

THEOのメリットは「一万円という少額からおまかせ投資ができる点」「ストレス最小限に抑えながら投資を継続できる点」です。

そのため投資初心者におすすめの投資方法です。

加えて、「投資の勉強がめんどくさい(知識がない)人」や「仕事が多忙な人」にもおすすめです。

一方、「自分で投資をしてみたい!」という人は無理に利用する必要もないでしょう。 

THEOの公式サイトは画像をクリック↓
THEO

3-2. つみたてNISAはこんな人におすすめ!

つみたてNISAは次のような人におすすめです。

  • ある程度投資の知識があり投資したい銘柄が決まっている人
  • 常に投資の成績を気にしていたい人
  • とにかく投資のコストを最小限にしたい人
  • 自分で投資してみたい人
  • 投資後の調整方法を知っている人
  • 年間の投資額が40万円以内の人
  • 国内の投資信託やETFに投資したい人

つみたてNISAのメリットは「コストを抑えた長期投資を実践できる点」でしょう。

知識さえあれば、THEOよりも低い手数料で投資を行うことができます。

よって、ある程度投資の知識があり、コストを抑えながら利益を最大限に高めたい人に最適です。

しかし、THEOのようにほったらかしでの投資はできません。投資銘柄の選定から、投資した後の調整まで全てを自分で行う必要があるので、投資初心者向けの投資方法は言えません。

また、NISA口座では損益通算ができないので確実に利益を出すことが求められるのもデメリットです。

まとめ 

いかがでしょうか?THEOはNISA口座では利用できません

THEOとつみたてNISA は向いている人が違うのでどちらが良いとは一概には言えません。

そこでおすすめするのは、まずはTHEOで投資の感覚を掴んでみて、知識がついてきたらつみたてNISAに移行する方法です。このようにすれば、後々失敗することは少ないでしょう。

ほったらかし投資が楽だなぁと感じたらそのままTHEOを利用し続ければいいでしょう。

幸いにして、THEOは一万円という少額から投資ができるので、投資の勉強には最適です。しかし、出金は10万円以上な点に注意が必要です。

あなたに一番あった投資方法が見つかることを願っています。

公式サイトは画像をクリック↓
THEO

THEOについて、もっと詳しく知りたいという方は、『THEO[テオ]に投資してわかったメリットと3つの注意点』の記事を参考にしてください。知りたい情報がすべて手に入ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*