【2018年9月】おつり投資アプリ「トラノコ」ってどうなの?口コミ評判から手数料まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

おつりで投資できるアプリ「トラノコ」が気になっていますね。

トラノコは、5円から投資ができる投資初心者の人にぴったりのサービス。

難しい銘柄選びや投資バランスの調整などを投資のプロが自動でやってくれるので、初心者でも気軽に始めることができます。

ただし、投資金額が少なすぎると、赤字になってしまう可能性もあるなど注意点もあります。

ここでは、トラノコのメリットやデメリットについて詳しく解説します。

ぜひ、参考にしてください!

1.おつりで投資できるアプリ「トラノコ」とは?

トラノコは、TORANOTEC株式会社が運営する投資アプリ。

クレジットカードで、買い物をしたときのおつりを自動で投資に回します

コツコツ投資したお金は、投資のプロ「ファンディングマネージャー」が、ユーザーの希望に添って効率よく投資してくれるという仕組みです。

そのため、「投資はしたいけど、難しいことはわからない。。」という人にピッタリ!

セブン銀行やニッセイキャピタル、リアルワールドなどの上場企業が資本提携しています。

手数料は毎月の300円(開始3ヶ月間は無料)で、年利が0.3%です。

おつりを投資に回せるサービスはいくつかありますが、トラノコの大きな特徴は次の4つ。

トラノコの特徴

  • おつりの金額を、自分で決められる
  • ポイントも投資金に充てられる
  • 自分にあった投資方法で投資ができる
  • 引き落としは、ほぼ全ての金融機関に対応している

それぞれ説明していきますね。 

おつりの金額を、自分で決められる

トラノコでは、おつりの金額を自分で決めることができます。

おつりのパターンは全部で3種類。「100円」「500円」「1000円」の中から選んで設定できます。

例えば、250円のお菓子をクレジットで買ったとすると、次のように投資金額が変わってきます。

  • 100円の場合:100円玉×3枚で支払って、300円-250円=50円のおつり
  • 500円の場合:500円玉で支払って、500円-250円=250円のおつり
  • 1000円の場合:1000円札で支払って、1000円-250円=750円のおつり

設定した金額が高いとその分おつりも多くなり、1回あたりの投資金額も大きくなるという仕組みです。そして1ヶ月分たまったおつりを、いくつかの投資先に回していきます。

でも、月によっては「ボーナスが入ったから、もっと投資に回したい!」「今月はピンチだから、お金を残しておきたいな…」というときもありますよね。

トラノコでは、投資額締め日までであれば、いつでも金額を自由に入力できます。

自分の都合で投資額を増やしたり、減らしたりできるのがうれしいですね。

ポイントも投資金に充てられる

トラノコで投資できるのは、おつりだけではありません。

いくつかの企業と連携をとっているので、その企業が発行しているポイントも投資金にあてることができます。

今は3つのポイントしか交換できませんが、段々増えてくるとのこと。「もう少し投資金を追加したいけど、今月ピンチだな…」というときにうれしいですね。

おつりと同様で、締め日までであればキャンセルも可能です。

ただし、ポイントの種類によって、戻り率が違うことがあるので注意してくださいね。

自分にあった投資方法で投資ができる

トラノコでは、自分にあった投資方法で投資ができます。

せっかくお金を出して投資するのですから、自分の好みに合わせて投資したいですよね。

トラノコでは、安定重視バランス重視リターン重視の3種類から、好きな投資方法を選べます。

安定重視の人には「小トラ」

小トラはローリスクローリターンです。リスクをなるべく抑えるため、債券の組入比率が高くなります。

バランス重視の人には「中トラ」

中トラはミドルリスクミドルリターンです。債券や株式の両方に、バランスよく投資します。

リターン重視の人には「大トラ」

大トラはハイリスクハイリターンです。とにかくリターンを追求するため、株式の組入比率が高くなります。

この3つのモードは、途中で変更することも可能です。

最初はリスクの低い小トラから初めて、慣れてきたら中トラ、大トラに変更するなど自由に設定できます。

ただし、ファンド変更が行えるのは月に1度だけ。そしてファンド変更を行うと、利益が出ている場合、その都度税金がかかります。そのため、ひんぱんに投資のパターンを変えるのはおすすめしません

資金の引落は、ほぼ全ての金融機関に対応している

投資資金は、ほぼ全ての金融機関からトラノコの口座へ引落ができます。

新しい口座を作る必要もないので、手間がかかりません。

このように魅力的な特徴が多いトラノコですが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

2.トラノコは貯金するよりも良い!メリット

トラノコで投資をするメリットは、次の4つです。




それぞれ順番に見ていきましょう。

ANAのマイルが貯まる

トラノコを使うと、毎月必ずANAのマイルが貯まります。

投資金額に関わらず毎月5マイル必ず貯まっていくので、飛行機をお得に乗りたい人にはうれしいですよね!

また、開始から3ヶ月間の手数料無料期間でも、もちろん貯まります。

ガス代が下がる

トラノコを利用すると、ガス代を年間1200円減らすことができます。

なぜなら、ガス会社のNICIGASと提携しているからです。

アプリにお客さま番号を入れるだけで、毎月100円割引されます。光熱費とガス代は必ず払わなくてはいけないので、少しでも節約したいもの。

アプリを利用するだけでガス代をお得にできるのは、うれしいポイントですね。

銘柄を選んだり振込する手間がない

トラノコでは、自分で投資先を選ぶ必要も、お金の振込をする必要もありません。

どこに投資してお金を振り込むかは、投資のプロ(ファンドマネージャー)が考えてくれるからです。

投資初心者にとって、「投資先はどこがいいんだろう?」という悩みはつきもの。

自分よりもその道に詳しいプロが運用してくれる分、リスクが減るのがうれしいですね。

初期費用がかからない

トラノコは、初期費用がとても安いです。

普通、口座を開設するときは、いくらか資産が必要になるもの。

しかし、トラノコでは最低限必要な資産が設定されていません。そのため、公式ページでも5円から投資可能とうたわれています。

手数料も、利益に関わらず毎月300円と決まっています。しかも開始3ヶ月間は無料なので、初期費用は必要なし!

つまり1年目は年間手数料が2700円程度。2年目以降は年間3600円かかってきます。

とはいえ、ATMで土日にお金を引き出すときも、手数料は1回216円。あまり大きな差はありませんね。

このように、トラノコには魅力的なメリットがたくさんあります。

それでは、トラノコを使う上でのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

3.トラノコで投資するデメリット

トラノコで投資をするときのデメリットは、運用金額が少ないと赤字になる可能性もあるということです。

先ほど、トラノコの手数料は毎月300円と説明しましたね。

毎月必ず300円が口座から引かれていくので、300円より少ない資金で投資を行ってもなかなか利益にはつながりません

資金は、クレジットカードを使う回数が多いほどたまっていくもの。そのため、買い物には現金しか使わないという人は、マイナスにしかなりません。

しかし、おつりを100円に設定したとしても、おつり総額は7000円程度になると言われています。

クレジットカードを使うのに抵抗がない人は、ちょっとした買い物もクレジットカードにすれば、とくに問題はないでしょう。

また、トラノコは積立投資です。

コツコツ毎月資金を貯めていくことで、利益も少しずつ伸ばしていきます。そのため、最初はマイナススタートでも1年後にはプラスにしていこうというスタイルでいるのが一般的です。

すぐに大金がほしい!」「1ヶ月でもうけを出したい!」という人には向いていないでしょう。

4.トラノコでおつり投資すべき?を評価!口コミと評判を徹底検証

ここでは、実際にトラノコを利用している人の口コミを紹介します。

5.トラノコの口座開設方法

トラノコを利用するには、まず投資用の口座を開設しましょう。開設するには、次のステップで行います。

トラノコの口座開設ステップ

  • ステップ1.トラノコに投資口座を申し込む
  • ステップ2.トラノコアカウントを作成
  • ステップ3.投資パターンを選ぶ
  • ステップ4.引落口座を設定する
  • ステップ5.簡易書留で送られてきた確認番号を入力

ステップ1.トラノコに投資口座を申し込む

まずは、トラノコの(公式ホームページ)やアプリで投資口座を申し込みましょう。

そのとき、次の5つを打ち込みます。





マイナンバーとマイナンバー確認書類の写真データは、後で登録することもできます。本人確認書類は、運転免許証、個人カード(マイナンバーカード)、パスポート、健康保険証と住民票の写しなどです。

ステップ2.トラノコアカウントを作成

次に、おつりのデータを取得するための「トラノコおつり捕捉サービス」にアカウントを作ります。

アカウント作成が終わったら、クレジットカードの登録をしましょう。登録後トラノコにアカウントが反映されて、登録が完了します。データの反映には、少し時間がかかることもあるので注意しましょう。

すでに、家計簿アプリzaimマネーフォワードマネーツリーいづれか)のアカウントを持っている場合、ID連携をすればアカウントの新規作成や、クレジットカードの登録は必要ありません。

ステップ3.投資パターンを選ぶ

投資のパターンを次の3つから選びましょう。



ステップ4.引落口座を設定する

毎月1回、投資資金を引き落とす口座を設定します。ほぼ全ての金融機関に対応しているので、よく使うクレジットカードの銀行口座を登録すると良いでしょう。

設定はすぐに完了します。ただし、みずほ銀行のみ、登録から設定が完了するまで2週間かかるとのことです。

ステップ5.簡易書留で送られてきた確認番号を入力

1.投資口座の申し込みを完了すると、数日程度で簡易書留郵便が届きます。中に入っている「確認番号」をアプリで入力すれば、口座の開設は完了です。

もし、確認番号を入力しなくても、簡易書留を受け取って数日後には自動的に入力してくれます。

ここまでできたら、いよいよ後は実践です!次は、トラノコの使い方をご紹介します。

6.トラノコの使い方

トラノコの使い方は、たった3つのステップです。

トラノコの使い方

  • ステップ1.クレジットカードで買い物した後、おつりの「投資する/しない」を決める
  • ステップ2.チェックおつり投資の追加やキャンセルなど、調整をする
  • ステップ3.チェック締め日に投資金額が確定する

クレジットカードで買い物をするたびに「おつり」が引き落とされるのではなく、締め日に確定されます。そのため、その間であればいつでもおつりの追加やキャンセルが可能です。

運用はトラノコがやってくれるので、「おつり」の判断をするだけで運用できます。おつりの判断も自動化にしてしまえば、ほったらかしでも投資ができちゃいますよ。

それでは最後に、トラノコを利用するときによく出てくる質問を紹介します。

7.よくあるQ&A

トラノコによく送られてくるQ&Aを紹介します。

トラノコ の安全性ってどうなの?

トラノコは、「TORANOTEC(トラノテック)株式会社」が運営しており、その100%子会社の「TORANOTEC投信投資顧問株式会社」が運用しています。

代表取締役社長の小山 卓也氏は、野村證券で21年間もリサーチ、ドイツ現地法人CEOを歴任など実績がある人物です。また小山氏自身も、機関投資家として営業していた過去があります。

投資のプロが社長を務める、投資の会社ということですね。

また、セブン銀行やニッセイキャピタル、リアルワールドなどの上場企業も提携しているので、信頼も大きい会社と言えます。

トラノコ にログインするにはどうすればいいの?

トラノコのログインは、webとアプリのどちらでも行えます。

ログイン画面に入ったら、会員IDパスワードを打ち込むだけです。忘れた場合、メールアドレスを送れば、通知してくれます。

トラノコを解約する方法は?

トラノコの解約はいつでも可能です。トラノコお客さま窓口(03-6432-0787)に電話すると、2分~3分で解約できます。

アプリのアカウントページからも、解約できますよ。

まとめ

投資アプリ「トラノコ」の特徴やメリット、デメリットについて紹介してきました。

トラノコは、クレジットカードでの買い物のおつりを使って、コツコツと積立投資ができるアプリです。投資先は、投資のプロがユーザーの好みに合わせて選んでくれます。

口座を開設するのに最低資金額は決められていないので、投資に興味がある人はトラノコを試してみましょう

放っておくだけで、ファンドマネージャーが資産を運用してくれます。

ただし、毎月300円手数料で引かれていくので、クレジットカードで買い物をしない人や、現金しか使わない人にはおすすめできません。

ぜひこの記事を参考にして、資産運用をもっと楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

コメントはこちらからどうぞ!

*