楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュの違いを図解でわかりやすく解説!おすすめの使い方もわかる!

  • 楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュの違いが分からない!
  • 結局、どれが一番便利なの?

このように思っていますね。

楽天の決済サービスは楽天スーパーポイントがザクザクたまることもあり、とっても便利。

しかし以前からある楽天Edyや楽天カードに加えて、楽天ペイや楽天キャッシュといろんな決済方法が増えてややこしくなっています。

便利とはいえそれぞれの違いがわからないと、どれを使えばいいのか判断できないですよね。

そこで、それぞれの楽天キャッシュレス決済の違いや、目的別で一番お得な使い方を図解も交えて解説してみました。

この記事を読めば、楽天のキャッシュレス決済の違いを理解できるだけでなく、ご自身が一番便利かつお得に使える方法が分かりますので、ぜひご一読ください。

1. 楽天のキャッシュレス決済を全体像を図解!

楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュの違いを理解するためには、楽天のキャッシュレス決済の全体像を図で理解するとわかりやすいと思います。

そこで楽天のキャッシュレス決済を以下の図にまとめてみました!

この図から分かることは、大きく2つ

  • 楽天のキャッシュレス決済のお支払いできる種類と違い
  • 楽天ペイと楽天Edyの違い

この2点を正しく理解すれば、楽天ペイ、楽天Edy、楽天キャッシュの違いだけでなく、楽天のキャッシュレス決済の全体が理解できます。

ただ、図だけだとまだわかないと思いますので、下記2点

  • 楽天のキャッシュレス決済のお支払いできる種類と違い
  • 楽天ペイと楽天Edyの違い

について、それぞれ詳しく解説しますね。

2. 楽天のキャッシュレス決済の種類と違い

楽天のキャッシュレスにおける支払い手段は大きく、以下の5つに分けられます

楽天のキャッシュレス決済の種類

  • クレジットカード「楽天カード
  • デビットカード機能付き「楽天銀行キャッシュカード
  • 非接触型(電子マネー)決済「楽天Edy
  • コード決済(スマホ決済アプリ)「楽天ペイ
  • ポイントカード「楽天スーパーポイントカード

この5つの支払い方法から選択することになります。

ここで注意したいのが、どれも同じ楽天のサービスですが、「お支払い可能なお店が異なる場合もある」点です。

例えば、

  • ガソリンスタンドだと楽天ペイや楽天Edyが使えない

ということもあったりします。

そのため、自分がよく使う場所で、上記の5つのどの支払い手段なら対応しているかをチェックする必要があります。

ちなみに、どのような場所で、楽天キャッシュレスのサービスがそれぞれ利用可能なのかをまとめると、以下のようになります。

種類別:楽天キャッシュレス決済で使えるお店

  • 楽天カード:クレジットカード払いVISA・JCB・AMEX対応店舗で利用可
  • 楽天銀行デビットカード:クレジットカード払いVISA・JCB対応店舗で利用可
  • 楽天Edy:電子マネー決済が可能な店舗で利用可
  • 楽天ペイ:楽天ペイの加盟店で利用可
  • 楽天スーパーポイントカード:加盟店かつ、ポイント支払い可能な店舗(ポイントをためることしかできない店舗があります)で利用可

どのお支払い方法が可能か、確認した上で利用しましょう。

楽天カード、楽天ペイ、楽天Edyについての詳細は、

それぞれで詳しく解説していますので、あらためてチェックしたい方はぜひ確認してください。

3. 楽天ペイと楽天Edyの違い

そして次に理解したいのが、楽天ペイと楽天Edyの違いです。

どちらも事前にチャージして支払う機能があります。

そのため、多くの方がこの違いに困惑してるのではないでしょうか?

ここで重要なのは、天ペイと楽天Edyの”お支払い元”の違いをしっかり理解することです。

楽天ペイと楽天Edyのお支払い元の違いは以下の通り。

▼楽天ペイの支払い手段

  • 楽天カード(他のクレジットカードも利用可)
  • 楽天キャッシュ(楽天カードor楽天銀行から事前にチャージ)
  • 楽天スーパーポイント(期間限定ポイント利用可能

▼楽天Edyの支払い手段

  • 現金
  • 楽天カード
  • 楽天スーパーポイント

※どの方法でも、コンビニレジやF専用端末等で事前チャージ必須

以上の違いから分かることは、

  • 楽天ペイは一度お支払い元と連携すれば、そのまま利用できる機能がある
  • 一方、楽天Edyは必ず事前にチャージする必要がある

ということです。

楽天ペイの方が、楽天Edyと違い事前チャージをしなくても活用する方法があるので、便利かもしれませんね。

楽天キャッシュって結局なに?

楽天ペイにも事前にチャージでお支払いできる楽天キャッシュがあります。

同じように事前チャージできる楽天Edyがあるのに、何が違うのでしょうか?

結論として、楽天キャッシュは楽天ペイ専用の電子マネーです

楽天キャッシュの大きな特徴は、

  • フリマアプリ「ラクマ!」の売上金をチャージできる
  • 楽天ペイ間で送金できる
  • 楽天銀行からチャージできる

これらがそのまま楽天Edyとの違いと言えます。

つまり、楽天Edyと楽天キャッシュは、どちらも事前チャージする電子マネーではあるものの、チャージ元とお支払い方法が異なります。

  • 楽天Edy→楽天Edyで使用
  • 楽天キャッシュ→楽天ペイで使用

ただ先ほども申し上げた通り、楽天ペイと楽天Edyでは使えるお店が異なる場合があります。

事前にチャージしてお支払いしたい場合はお店によって楽天ペイと楽天Edyを使い分ける必要がある点に注意です。

楽天キャッシュについての詳細は「楽天キャッシュとは?使ってわかったメリットと注意点!使い方から出金方法まで解説!」で解説しています。

4. 目的別!楽天のキャッシュレス決済のおすすめの使い方!

「楽天のキャッシュレス決済について色々あることは分かった!だけど、結局どの使い方が一番便利なの?」と思いますね。

そこで、目的別で楽天のキャッシュレス決済の一番便利な方法を並べてみました

今のあなたの気持ちに一番近い「目的」から「オススメの決済手段」を見つけてくださいね。

番号目的オススメの決済手段
  • とにかく決済を手軽にしたい!
  • ポイントをザクザクためたい!

楽天カード+楽天ペイ(一番オススメ!)

  • キャッシュレス決済使いたいけど、
    あらかじめ予算を決めて使いたい!
楽天キャッシュ+楽天ペイor楽天Edy
  • フリマアプリ「ラクマ」の
    売上金を使いたい!
ラクマ!で楽天キャッシュにチャージ+楽天ペイ
  • ずっと楽天Edy使ってるから、
    新しい決済手段に移行するのが面倒…
楽天Edy
  • とにかく決済をシンプルにしたい!
楽天カードor楽天銀行デビットカード

それぞれ目的ごとに詳しく解説していきますね。

①を選択された方→こちらをタップ

②を選択された方→こちらをタップ

③を選択された方→こちらをタップ

④を選択された方→こちらをタップ

⑤を選択された方→こちらをタップ

①を選択された方(一番おすすめ!)

  • とにかく決済を手軽にしたい!
  • ポイントをザクザクためたい!

という方には、「楽天カード+楽天ペイ」をオススメします。

私としても一番おすすめの使い方です。

楽天カードをお支払い元として楽天ペイを利用すれば、アプリを開くだけでスグにお支払い完了できます。

そして、楽天カードの通常利用(税込100円につき1ポイント)+楽天ペイ利用(200円につき1ポイント)のポイント二重取りも可能。

キャンペーンも併用すれば、さらにポイントが還元されます。

また期間限定ポイントもそのまま使えますのも大きな特徴。ポイントがたまっていれば1タップの設定だけでポイント支払いができます。

楽天Edyだと通常ポイントしか使えないですし、事前のチャージ手続きが必要です。このような点からも楽天ペイはお手軽なキャッシュレス決済といえます。

②を選択された方

使い過ぎを防ぐために予算を決めて使いたい場合は、「楽天キャッシュ+楽天ペイ」の利用か「楽天Edy」の利用がおすすめ!

ただしポイント還元率が一気に落ちてしまう点に注意!

楽天カードからチャージする場合は楽天カード通常利用として税込200円に付き1ポイント(100円に付き1ポイントではありません!)還元となります。

つまり、お支払い分と合わせても最大1%(税込200円に付き2ポイント)に止まります。

ポイント還元率は落ちてもいいから、ちゃんと予算管理したい方はこの方法がおすすめです。

また、楽天ペイと楽天Edyは使える店舗に違いがありますので、ご自身がよく使うお店で使える方を選んでみましょう。

③を選択された方

  • フリマアプリ「ラクマ」の売上金を使いたい!

という方には、「ラクマ!で楽天キャッシュにチャージ+楽天ペイ」がおすすめ!

フリマアプリをよく使ってる方は、打ち上げ金の使い道に困りますよね。

そんな時は、楽天のフリマアプリ「ラクマ!」で売ってみましょう。その売上金は楽天キャッシュにチャージ可能です。

フリマアプリ内で使い切る必要がなく、売上金の使い道が一気に増えるので、ぜひラクマ!にも出品してみましょう。

④を選択された方

以前から楽天Edyを使い続けていて、新しくキャッシュレス決済を増やしたくない方もいるでしょう。

その場合は無理に乗り換える必要はありません。

楽天Edyのままで満足していらっしゃるなら、無理に他の決済手段を選ぶ必要はありません。

⑤を選択された方

  • とにかく決済をシンプルにしたい!
  • キャッシュレス決済使いたいけど、お店によって使える決済方法を変えたりするのは面倒…

という方には、シンプルに楽天カードか楽天銀行デビットカードを利用してみてはいかがでしょうか?

楽天ペイと楽天Edyはお店によって利用できないことがありますが、楽天カードと楽天銀行デビットカードはどちらもクレジットカード対応店舗ならどこでも利用可能。100円(税込)毎に楽天ポイント1ポイントもたまります。

違いはお支払いのタイミングと優待サービス。

楽天カードは翌月末に銀行から引き落とし、楽天デビットカードはお支払いの時点で楽天銀行から引き落とされます。

ただし楽天カードなら国内旅行傷害保険が利用付帯ですが、楽天銀行デビットカードはありません(楽天銀行ゴールドデビットカードなら国内外で利用付帯)。

シンプルにカード決済したい方は、ご自身のライフスタイルに合わせて選択するといいでしょう。

<補足>楽天ペイで楽天以外のクレジットカードや銀行を使いたい人は、楽天ペイを使わないほうが良い!

楽天ペイの上記以外の使い方として、他のクレジットカードや銀行で利用したい方もいらっしゃるでしょう。

しかし、楽天のキャッシュレス決済は楽天のサービスに統一しないとその恩恵を最大限に受けられません。

まず楽天カード以外のクレジットカードも利用できますが、キャンペーン時の恩恵が一気に減ります。

また楽天銀行以外から楽天キャッシュへのチャージはできません(順次対応予定)。

もじどうしても他のクレジットカードや銀行でコード決済を使いたい場合は、他のコード決済を検討するのが良いと思います

5. 楽天ペイが今後の楽天キャッシュレス決済の主流

ここまで楽天のキャッシュレス決済の全体像から、楽天ペイと楽天Edyの違いやオススメの活用法について見てきました。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、楽天ペイだけ異様にお支払い元が多かったり連携もラクですよね。

これは楽天ペイはコード決済ではあるものの、スマホ内にある“財布”という側面もあるからだと言えます

つまり楽天ペイを介して、楽天のお好きなお支払い元を選んでお買い物できるということ。

特に楽天カードをお支払い元として楽天ペイを使うとポイント二重取り(税込200円につき3ポイント〜)できるので、ポイント還元という点から見ても、楽天ペイは一番便利でお得といえます。

さらに2020年春にはSuicaにも対応予定。公共交通機関の移動でも楽天ペイが使えるようになります。

参照:楽天ペイでSuicaの発行・決済が可能に、2020年春から(TechCrunch)

現状楽天カードや楽天Edyよりも使えるお店は少ないですが、今後の楽天のキャッシュレス決済は楽天ペイが主流になることが考えられます。

使えるお店は順次増加しているので、将来は一番便利な楽天のキャッシュレス決済になるかもしれません。

まとめ

楽天のキャッシュレス決済はいろんな方法がある反面複雑でややこしい一面もあります。

しかし、理解するポイントとして

お支払い方法が、下記の5種類あり

  • クレジットカード「楽天カード
  • デビットカード「楽天銀行デビットカード」
  • 非接触型(電子マネー)決済「楽天Edy
  • コード決済「楽天ペイ
  • ポイントカード「楽天スーパーポイントカード」

楽天ペイと楽天Edyのお支払い元が下記のように違うこと。

楽天ペイの支払い方法

  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天キャッシュ(楽天カードor楽天銀行から事前にチャージ)
  • 楽天スーパーポイント(期間限定ポイントも利用可能

楽天Edyの支払い方法

  • 現金
  • 楽天カード
  • 楽天スーパーポイント

※どの方法でも、コンビニレジや専用端末等で事前チャージ必須

以上が、楽天のキャッシュレス決済全体を理解するポイントと言えます。

これらを踏まえて、目的別に楽天のキャッシュレス決済を選択していけば良いでしょう。

ただし大前提として、楽天のキャッシュレス決済は極力楽天のサービスに統一しないと、その恩恵を受けられません

特に楽天カードを使うことはほぼ必須です。

楽天のキャッシュレス決済を利用するならまず、「自分は楽天のサービスをよく利用するのか?」と自問自答する必要があります。

この記事が参考になったのなら幸いです。

  

マネとも公式SNSもやっています

 

コメントやご質問はこちらからどうぞ!

*